サンティアゴの道 パンプローナ

パンプローナから道

パンプローナは人口17万人位の小さな街。大きな公園が沢山あって緑が眩しい。牛追い祭りがあまりにも有名ですが普段は落ち着いた綺麗な街です
image.jpeg
そこを道が通っていてただの道ではなく世界遺産の道。スペイン語で El Camino
Elは男性名詞に着く定冠詞  「あの道」と呼ぶのはここだけです。フランス側からピレネー山脈を超えてスペイン国内に入り北西の果て迄続く道。パンプローナはそのサンチアゴの道が通っているのです。ピレネーからサンチアゴ・デ・コンポステーラ迄スペイン国内だけで約800キロ。4月の終わりまだまだ寒いですが多くの人が歩いていました。

巡礼者はここから町へ

パンプローナの街の入り口に中世の橋
中世の橋
マグダレーナ橋を渡ると緩やかな登り坂
マグダレーナ橋を渡ると登り坂
迷子にならないようにカミーノには標識があちこちに
カミーノの標識
カミーノの標識
カミーノの標識

街に

街に入ると旧市街を通って大聖堂でお参り。巡礼者のミサは無料ですが観光客は有料になりました。
大聖堂
大聖堂近くには巡礼者グッズ屋さんその名も「Todo para Peregrino」巡礼者よろず屋
やっぱり足が痛くなるみたいで足関係のものがいっぱい。後は地図や雨具、日焼け止めや懐中電灯。
巡礼グッズ屋
todo para peregrino
中世一番盛んだった頃 が紀元後千年〜千二百年
すでにガイドブックやお土産屋や娼婦や金貸しや大道芸人やらがあったらしい
生きて帰れないかもしれない旅に多くの人を駆り立てた。



写真は2017年4月後半
朝はまだ肌寒い
歩く巡礼者。まだ寒い。
 パンプローナを出ると峠が待っている。許しの峠の記事はこちら                許しの峠。プエルト・デ・ぺルドン 
聖ヤコブの遺体が埋葬されるサンティアゴデコンポステーラの記事はこちら