<マドリッド観光ルート>ソルからプラド美術館

今日はソルから

「0キロ」地点。今日はここからスタート。

「プエルタ・デル・ソル」日本語に直すと「太陽の門」

無茶かっこいい名前
すべてのスペインの道路はここから計られています
元々はここに「太陽の門」という城門が有った。

 

国王が住む宮殿から朝の太陽が昇るのが見えたそう。
今は名前のみ残る。

 

image.jpeg
地元の人は「Sol」「ソル」と呼ぶ
「ソル」にクマがいます。

 

銅像ですが・・・・・
良く地元の人が待ち合わせに使うマドリッドのクマ。

昔この辺りは森だった。マドローニョ(ヤマモモ)の木が茂っていて
クマが実を食べているところがマドリッド市の紋章
マドリッド市に関係のあるものにはこのマークが付いています。

 

image.jpeg
例えばこれはゴミ箱
このように色々なところにこの紋章が付いています。
image.jpeg
地下鉄1号線2号線3号線 と国鉄(Renfe)が乗り入れています。
image.jpeg
地元デパートやお店や飲食店がいっぱいでこの辺りをセントロと呼ぶ

ソルからカジャオ(日曜祝日お店開いています)

ソル(sol)からカジャオ(callao)はヨーロッパで1番混んでいる通り

この辺は日曜日、祝日もお店が開いています。

12月25日と1月1日のみお休みなので1年間363日営業です。
この通りにはスペイン・ブランド各種
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
カジャオ(Callao)までお店が続きます。
レアル・マドリッドのオフィシャルショップも近く
image.jpeg
スペイン系・デパート エル・コルテ・イングレス「El Corte Ingles」
この会社はソルにあった小さな仕立て屋さんだった。
コルテはカットという意味でイングレスはイギリス。
「英国仕立て」と言う意味のデパートです。

地元デパート・カジャオ店グルメコーナー

エル・コルテ・イングレス・グラン・ビア通り寄りにあるカジャオ店9階にグルメコーナー

image.jpeg
ワインの品そろえも一流です。
写真は「ベガ・シシリア」の「バルブエナ」
「ベガ・シシリア」はスペイン・カスティーリャ・レオン州にある有名なワイナリー
原産地呼称制度デノミナシオン・デル・オリヘンのリベラ・デル・ドゥエロに所在。
image.jpeg
同じ「ベガ・シシリア」でも「ウニコ」(unico)2007年は215ユーロ
こちらはこのワイナリーの旗艦銘柄。
image.jpeg
他にももっと安い普段飲みのワインも数々あります。
産地ごとに置いてあるので探しやすい。
スペインワインは安くて美味しいので定評が有ります。
黒トリュフ等高級食材も揃います。
image.jpeg
image.jpeg
各種バルも入っていて夕方は地元民で賑わいます。
image.jpeg
大きなテラス。外に出ると絶景です。
ここでお茶して休憩も良いですね。
image.jpeg

グランビアを歩こう

スペイン広場からアルカラ通りとの交差点まで1.6キロ。目抜き通りです。
カジャオからグラン・ビアをシベーレスまでゆっくり歩いても15分くらい
途中世界で1番豪華なマック。
元宝石店です。
image.jpeg
入り口は神殿風、中に入ると大理石張りでエレガント
同じお値段でお得感たっぷり。
グラン・ビアもこの辺りまで来ると110年前の建物がそのまま利用されていて
建築見ながら楽しく散策できます。
image.jpeg

 

シベーレス広場は絶対外せない

 

グランビアからさらにアルカラ通りを進むとゴージャスな広場に

シベーレス広場 Plaza de Ciberes

image.jpeg
シベーレスは広場の真ん中にある女神の名前
二頭のライオンに引かれた神話の女神。
豊かさを象徴とする神様
そして幸運の神様
レアル・マドリッドが優勝するとここでお祝い
もちろん選手もやってきます。
2010ワールドカップでナショナル・チームが優勝した時もここでキャプテン・カシージャスが優勝杯を捧げた。
image.jpeg
正面の立派な建物は元郵便局です。
しつこいですが郵便局だったんですよ〜〜

 

今はパラシオ・デ・シベーレス(シベーレス宮殿)と呼ばれ市役所が使っています
中に入って上の方までエレベーターで上がれます。
手荷物検査がありますが無料です。

 

バル、レストランもありますよ。

プラドの遊歩道へ

広場から綺麗な遊歩道街路樹が見事です。
ゴヤの時代に造られたパセオ・デ・プラド(プラドの遊歩道)
プラタナスの幹が200年前の道ということを証明しています。

 

image.jpeg
ナポレオン戦争で戦った民衆を祀った無名戦士のお墓
オベリスク前に火が灯っていて
この場所自体が民衆の処刑場になったところです。
image.jpeg
広場はネプチューン
マドリッドのもう1つのチーム、アトゥレティコ・マドリッドが優勝するとここ
でお祝いです。アトゥレティコは貧乏なのにレアル・マドリッドと互角に戦う凄いチームです。
下町の人気チーム。なかなか優勝できないのでファンを「Sfridores」苦しむ人々と呼ぶ。
image.jpeg
ティッセン・ボルネミッサ美術館
image.jpeg
ミュージアムショップ迄は自由に入れます。
image.jpeg
元貴族のお屋敷をラファエル・モネオ(スペイン・ナンバーワン建築家)が改築。
月曜日12時半から無料です。
image.jpeg
ティッセン男爵2代の個人のコレクションだった物です。
遺産相続で作品がバラバラになってしまわないようにという希望で
スペイン文科省に売り渡された。個人のコレクションとは思えない膨大で質のいい作品を鑑賞出来ます。
ネプチューンを挟んで反対側にプラド美術館
閉館2時間前から入場無料(平日18時から日曜17時から)
無料でも切符売り場には並びますのでそれぞれ各時間の30分〜40分前には並びましょう。
image.jpeg

旅行先別★クチコミランキングで海外ホテルを選ぶ!
プラド美術館無駄なく回る1時間コース