旅スペイン・コム<スペインへ行こう>スペインの歴史や美術とグルメや街の歩き方

作品
筆者作品

 

*ブログ入り口はこちら*

マドリードの地下鉄の切符は全てICカードチャージ式に変わった。紙の切符は無くなったのでその使い方やメトロの乗り方等を説明。

マドリードの地下鉄(メトロ)乗り方や切符の買い方。(注意)2018年ICカード導入で紙の切符は無くなりました

 

首都マドリードは飛行機でスペインに入ると必ず通るところ。短い滞在でも楽しめるようまずは歩いて廻ってみましょう。マドリードの散策コースからバル街への散策コースです。スペインでは絶対バルに入りましょう。マドリード散策ノウハウの記事です。

マドリード観光、散策コースとおすすめバル、初めてのマドリードなら外せないスペイン広場からマヨール広場、そしてバル街へ

マドリードの古くて新しいお食事スポットとなるセバダ市場。マドリードに古くからあるセバダ市場に毎週土曜日だけ魚屋たちが始めた屋台が出来た。新鮮な魚介類を安く楽しめる新しいスポットの紹介記事です。

マドリードのセバダ市場のバル(メルカード・ラ・セバダ)魚屋のバルと市場の中は新しい食事スポット

スペインはカトリックの国。一年間を通して様々なキリスト教の行事が行われる。その中でも復活祭はクリスマスと並んで最重要な祭日となる。復活祭は毎年日付が変わる移動祝祭日。何故そうなったか等旧約聖書の物語と歴史を解説しています。

キリスト教のミニ知識、復活祭(セマナ・サンタ)と移動祝祭日そして旧約聖書の関係

「スペイン旅行で貴方に一日しかなければトレドへ」と言われる世界遺産の街トレド。中世の歴史ある街でマドリードから70キロです。バスや新幹線で行くことが出来ます。トレドへの行き方、トレドの街の歩き方と歴史の記事です。せっかくスペインに来たらトレドは絶対外せません。

トレド観光行き方と歩き方、絶対外せない世界遺産の街歩き方モデルコース付き

スペインの歴史は複雑で、長いイスラム支配があった国です。レコンキスタ(国土回復戦争)が進みスペインの最後のイスラム王国となったグラナダのアルハンブラ宮殿は世界遺産の中でも人気があります。アルハンブラン宮殿の歴史や内部の素晴らしい技術についての記事です。

アルハンブラ宮殿の歴史と技術と観光の仕方、グラナダ王国<イスラム建築の最高芸術>

スペインの首都マドリードを訪れたら必ず行きたいプラド美術館。短い時間で膨大のコレクションをどうやって回ればいいのかと悩んでいる方の為に無駄なく回れるミニガイドブックにしました。プラド美術館で見逃せない巨匠の作品を1時間で見れるようまとめました。マドリードにいるならプラド美術館へ行こう。無駄なく回れるプラド美術館の記事です。

プラド美術館、ベラスケス、ゴヤ、ベネチア絵画等 無駄なく回る地図付き解説。  

スペインは世界遺産が沢山ある国です。実はローマ時代の遺跡も沢山残っていて2000年前の水を運ぶために作った水道橋がマドリードから80キロの街に残ります。セゴビアは街も世界遺産、ディズニーのアニメの白雪姫のお城モデルになったセゴビア城等歴史を感じる街の歩き方と行き方の記事です。

 

セゴビアの行き方と観光。世界遺産の水道橋と白雪姫の城<行き方とモデルコース付き>

スペインの歴史で外せないのがイスラム支配。実は世界の歴史の中でも重要だったイスラム教徒達の技術がその後のヨーロッパのルネッサンスに繋がります。そしてルネッサンスが宗教改革に繋がってスペインでイエズス会が結成され日本にキリスト教が伝わる事になる歴史の記事です。

イスラム科学がルネッサンスを生み宗教改革がイエズス会を作ったという歴史のお話

絵画や美術の楽しみ方には色々ありますがその背景を少しだけ知っていると楽しみはもっと深いものになります。ギリシャ神話は面白い。ほんの少しだけ知っているだけで美術館はとっても楽しくなります。マドリードのプラド美術館の作品を中心にギリシャ神話の世界へお連れします。絵画で楽しむギリシャ神話の記事です。

ギリシャ神話は面白い。絵画で楽しむギリシャ神話。(プラド美術館を中心に)

スペインの首都マドリードには意外と庶民的なバルが沢山有ります。スペインではバルは日常の生活の一部。スペイン旅行中に絶対お世話になるのがバルです。私も行くマドリードの老舗バルを紹介しています。

マドリードおすすめバル6軒、昔ながらの地元人気店をご紹介します<バル編です>

世界の歴史は繋がっていて全体を空から眺めてみるのも楽しいものです。日本に沢山のスペイン人やポルトガル人たちがやって来て様々の物を伝えるまでの世界の歴史を鳥瞰図でまとめてみました。

 

世界の歴史をグローバルに。遊牧民の時代から南蛮人が茶の湯を知るまで。

スペインで17世紀に同時に多くの天才たちが登場した。マドリードのプラド美術では多くの画家達の作品を楽しむことが出来る。スペイン17世紀黄金時代に活躍した画家ムリーリョの作品と生涯についてまとめた記事です。

ムリーリョ(バルトロメオ・エステバン・ムリーリョ)プラド美術館17世紀黄金世紀の巨匠たち

スペインでは食事は一日に5回。メインになるのは昼食で後は軽くバルに入ってつまみを取ったりします。2度目の朝食はバルで喧騒の中コーヒーとチュロスを。スペイン人の生活の一部になっているバルでの朝食の頼み方等を解説しています。

スペインの食事は1日5回、バルは生活の中心。メニューの見方も解説。スペイン人てこんな人達です。