チュエカ地区のおつまみ無料バル

チュエカ地区

 

グランビア通りの真ん中あたりから北に上るオルタレサ通りとフエンカラル通り界隈はちょっとスノッブな若者の街。新しいファッションの発信地区でもあります。同性愛者の多い地区でおしゃれなお店やレストラン・バルが沢山。(スペインでは同性愛者は弁護士やデザイナー建築家等も多く同性愛結婚も許可されていて偏見はなく市民権を得ています。)せっかくスペインに来ているから世界中どこにでもあるようなお店ではなくて個性的なお店が見たい方はこの界隈がおすすめ。

そのチュエカ地区にあるタパス無料のバルを3件はしごします。インファンタ通りは王女様通りという意味。フィリペ世の4世の二人の娘のタイル。グランビア通りのロエベの横の路地2分程突き当たりまで歩くと綺麗なタイルで通りの名前。その先にもう大きな看板 El Tigre が見えます。

EL TIGRE

ティグレはスペイン語でタイガーという意味なので看板に大きなタイガー。Sidreria と書いてあるのは北スペインのアストゥリアス地方のシードラ屋です。どうやら取材していて気が付いたのはシードラ屋はタパス無料が多いみたい。地元の人でいっぱいです。

 

ビールはスペイン語でセルベッサ。生ビールはカーニャと頼むと日本の喫茶店でお水を入れる位のコップに生ビールを入れてくれる。ここのカーニャは少し大きめデ少し大きめで一杯2.5ユーロ 2人で行ったので5ユーロで無料タパスこんな大きいのが来ました。とてもお代わり無理でしたがもう一杯頼んだら別のものくれるそうです。

 

 

写真は12時30頃なので少し空いていますが13時過ぎるころから地元民でいっぱいになります。夜も19時過ぎから混みますので早めに行きましょう。

ここは本店で椅子もあるのでの良いですね。おなじインファンタ通り23番に支店もありますがこちらは椅子がありません。内容は同じ。

 

スペインは梯子酒なので次へ行きましょう。少し先の道の反対側

EL RESPIRO

こちらは入口がバルで奥はレストラン。セルベッサ一杯2.3ユーロ でおつまみこんなに付けてくれました。

 

こちらも空いている時間に来ましたが何時も地元の若者でいっぱいです。椅子があるので早めに来れば座れます。

定食は10ユーロでチョイスも多い。今日はバルもう一軒行くのでまた今度来ます。

もう一軒行きましょう。オルタレサ通りかフエンカラル通りを少し北に行くと小さな路地に何件かバルが。

indalo tapas

こちらもセルベッサなどの飲み物に豊富なタパスが選べます。

セルベッサダブルサイズ一杯2.95ユーロで無料タパス選べます。

28種類あるそうで黒板にもそれ以外のタパスも書いてあってチョイスが多くてうれしい。メニューも写真なのでわかりやすいですね。

今日はイカのフライとサーモンのカナッペにしました。

 

ここからは地下鉄5号線のチュエカの駅が近いです。地下鉄駅の手前にはメルカード・サン・アントンも。メルカード・サン・ミゲールより空いていて値段も少し安くてお勧めです。こちらはまた別記事に。

 

ブエン・アプロベチョ

 

行き方

地下鉄 5号線グランビア徒歩5分

EL Tigre   住所  calle Infana 30

EL Respiro  住所 Calle Infanta 34

indalo tapas chueca   住所 calle Perez Galdos,7

口コミ評価はトリップアドバイザーで確認してください。

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

メルカード・サン・アントン