バルで使えるスペイン語<旅行中に必要な簡単なスペイン語・バル編>

バルで使えるスペイン語

スペインを旅行すると絶対お世話になるバル。どこの町でも自動販売機はなくてもバルはある。こんな良いもの世界中にあればいいなと本気で思います。是非旅行中にバルでコーヒー飲んだり定食食べたりビール飲んだり楽しんでください。

スペイン人の日常生活に欠かせないものでどんな小さな村に行っても必ずバルはあります。最初はちょっと居心地悪いけどすぐに馴染んできますので気にしないで入りましょう。

スペイン語は発音が簡単なので大きな声ではっきりカタカナで書いて発音すれば通じます。

まずは挨拶

オラ!hola!

オラはスペイン語で英語のハーイみたいな気さくな挨拶。日本で知らない人に挨拶しませんがこちらは一つの礼儀なので必ず挨拶しましょう。エレベーターに乗り合わせたりお店の店員さんにも挨拶を忘れずに。

 

呼びかけ

オイガ oiga もしもし

「oir」「聞く」というスペイン語の動詞、命令形の丁寧な形です。バルでも街で道を聞くときでもホテルのレセプションの人でもいつでも使える呼びかけ言葉です。

ぺルドン perdon

スペイン語で英語のパードンと同じ感じで使えるのでこれも覚えておくと便利です。

ポルファ・ボール por favor

(こちらの記事にバルの入り方や注文の仕方を書いています。) バルの入り方

スペイン語で英語のpleaseプリーズにあたる言葉でいろんな時に使えますね。ちょっと長いですが覚えておくと便利な言葉です。呼びかけるときでもお願いしますという意味でも使えます。

そうするとお店の人がカウンターの方から

ケ・デセア? que desea ?何をお望みですか?

ケ・テ・ポンゴ?que te pongo?何を置きますか?

注文 querer~

quererは欲しいというスペイン語の動詞、一人称はquiero キエロ

正確には「キエロ・ 数・品物・ポル・ファボール」 となります。

スペイン語の 構文の順序は英語と同じ キエロは英語のI wantにあたるのでI want one coffee with milk please だと

キエロ・ウン・カフェ・コン・レーチェ・ポルファボールとなります

実際は最初のキエロは飛ばして言っても大丈夫なので最後のポル・ファボールはなるべくつけましょう。

朝食

(良かったらこの記事も読んでみてください) スペインの食事は1日5回、朝食編

<コーヒーの種類>

カフェ・コン・レーチェ cafe con leche  ミルクがたっぷり入ったコーヒー

カフェ・ソロ cafe solo  エスプレッソコーヒー

カフェ・コルタード cafe cortado  エスプレッソに少しミルク

チョコラーテ・コン・チューロス chocolate con churros  ホット・チョコレートとチュロス

<パン>

パン・コン・トマテ pan con tomate パンにオリーブオイルとおろしたトマト

ナポリターナ デ クレマ napolitana de crema  カスタードクリームが入った菓子パン

<ジュース>

スーモ・ナランハ・ナトゥラル zumo naranja natural 絞りたてオレンジジュース

<それ以外の飲み物>

セルベッサ cervesa ビール

アグア agua お水

サングリア sangria サングリア

~ありますか

アイ ~?hay~?~ありますか?

英語の「Is there?」 何かあるかを聞くときに使えます。バルはお品書きがない事も多くどこ行っても決まったものしかないので~ありますか?と聞くときに使えます。お品書きも朝食だと看板に手書きだったり何も書いてなかったりなので質問をして尋ねる必要があるとき使えます。無言でほとんど何でもできる日本からだと面倒くさいですがこれも旅の楽しさ。

アイ・チュロス?hay churros? チュロスありますか?

アイ・ガスパチョ?hay gaspacho ? ガスパチョありますか?

アイ・カルタ・エン・ハポネサ?hay carta en Japonesa?日本語メニューありますか?まずないけど。

アイ・カルタ‣エン・イングレス?hay carta en Ingres?英語のメニューありますか?

これ頼んでない

間違って頼んでないものが来た時。

ノー・エ・ペディード・エスト no he pedido esto.これは頼んでいません。

間違って違うものが来たらはっきり言いましょう。

お支払い

最後にお支払い。しばらく食べたり飲んだりする場合も最後で大丈夫。

バルだと「クアント・エス?」 cuanto es ? いくらですか?

レストランだと「ラ・クエンタ・ポル・ファボール」 清算お願いします



ぼられないですよ。私は一度もないし聞いたこともないです。おつり間違って少なかったり多かったりはあると思いますがみんなスペイン人一般的に真面目なので安心してバルに行きましょう。そしてスペイン語を使ってみて下さい。

最後はアディオースadios さようなら。また明日来るならアスタ・マニアーナ。

ブエン・ビアッヘ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペイン語<キーワード>すぐに使える便利な表現

便利な表現

スペインを旅行しているとき言葉が通じるとずっと旅は楽しくなります。スペイン語は発音が簡単でカタカナ読みでほとんど通じます。英語で聞くより断然喜ばれるし通じたらとっても楽しい。せっかくスペイン旅行するならどんどんスペイン語を使って行きましょう。まずは簡単便利な表現から。挨拶から覚えましょう。

まずは挨拶一番簡単なのはHOLA オラ

スペインでいつでもどこでも使える一番簡単なスペイン語。一日中知らない人でも電車の中やエレベーターで一緒になった人やとにかく誰でも挨拶をしましょう。一日中どこでも誰でも「オラ―」です。

その後の挨拶

おはようございます buenos dias ブエノス ディアス

こんにちは  buenas tardes ブエナス タルデス

今晩は buenas noches ブエナス ノーチェス

これらは長いのでとにかく「オラー」で大丈夫。

すみません、もしもし oiga オイガ

呼びかけるときに使えるスペイン語です。これですでに丁寧語なのでどこで使っても大丈夫。バルで何か注文するときや道を尋ねるために人に声をかけるときでも使えます。「ちょっとすみませ~ン」「オイガ―ポルファボール」

すみません perdon ぺルドン

これも呼びかけるとき使えます。オイガと同じように道を尋ねたりバルで声をかけたり。英語のパードンのニュアンスなのでこちらに非ががあって軽く謝る感じの時も使えるスペイン語です。ドンの方にアクセントです。

~へ行く Voy a~ ボイ・ア~

タクシーに乗ったとき等にスペイン語でうまく言えないけどここに行きたいという時。ボイア~のあと地図を見せるか住所を見せれば大丈夫。

xxホテルに行く Voy a hotel XX  ボイ・ア・オテルxx

xxバルに行く  Voy a Bar XX  ボイ・ア・バルXX

プラド美術館に行く Voy a museo del Prado.  ボイア ムセオデルプラド

 

~はどこですか? Donde esta ?ドンデ エスタ・・・?

xxホテルはどこですか?Donde esta el hotelXX?ドンデ・エスタ・エル・オテルXX

xxバルはどこですか?Donde esta el barXX? ドンデ・エスタ・エル・バルXX

お手洗いはどこですか? Donde esta el servicio ドンデ・エスタ・エル・セルビッシオ

el は男性名詞に付く定冠詞ですがなくても通じます。

 

~をください Dame ~(Deme~) ダメ~(デメ~)

いろんなシチュエーションで使えますね。Deme の方が丁寧。

鍵をください  Dame la llave (Deme la llave) ダメ・ラ・ジャーべ (デメ・ラ・ジャーべ)

レシートをください Dame un recibo(Demeun recibo)ダメ・ウン・レシーボ (デメ・ウン・レシーボ)

コーヒーを下さい Dame un cafe(Deme un cafe)ダメ・ウン・カフェ デメ・ウン・カフェ

出来ますか?puedo? プエド?

英語のcan I~にあたるスペイン語なのでその後の言葉が無くても通じます。たとえば写真撮れますかと聞きたいときにカメラを見せてプエド?と尋ねれば教えてくれます。この部屋入っていいかどうか確認する等の時にプエド?と聞くと大丈夫ですか入っていいですか?になります。

一応構文にすると

写真撮れますか? puedo sacar foto?  プエド サカール フォト?

はいれますか? puedo entrar ? プエド エントラール?

食べれますか?puedo comer? プエド コメール?

 

~が欲しい Quiero~キエロ

 

スペイン語のRは巻き舌ですがキエロ~で通じます。お店でこれが欲しい「キエロ これ~」と指させばわかってもらえます。バルで目の前の物を指さして「キエロ これ~」

アイスクリームが欲しい quiero un helado キエロ・ウン・エラード

これが2つ欲しい  queiro dos de estos キエロ・ドス・デ・エストス

 

~は欲しくない~はしたくないno quiero~

スペイン旅行中なぜか話がうまく通じなかったときに否定形も知っていると便利。断るときははっきり否定しましょう。

これは欲しくない no quiero esto ノー・キエロ・エスト。またはノーキエロだけでも大丈夫です。断ることが得意ではないのが日本人です。スペイン旅行中は自分の意志をはっきり表示しましょう。特に断るときノーははっきり言うようにしましょう。トラブルの元になります。あ、そんなに怒って言わなくてもいいんです。普通に断りましょう。




スペイン語は発音がほとんど日本語と同じなのでカタカナで書いてそのままいえば通じます。簡単な言い回しを覚えておくと便利。スペインに行ったらスペイン語を使いましょう。

バルに入ったときに使えるスペイン語はこちら  バルで使えるスペイン語