スペイン語がこんなに沢山日本語に!<日本語になっているスペイン語をまとめてみました>

 

 

普段何気なく使っている日本語に実は沢山のスペイン語があります。「エー―これも~?」と思うよう様な単語もあって日本とスペインのつながりの長さに「ジ~ン」と来るのは私だけでしょうか。中国にいたポルトカル商人が台風の風に流され種子島に偶然やって来て鉄砲が伝来し(1543年)その後フランシスコザビエルが鹿児島にやって来てキリスト教が伝わったのが1549年。イエズス会の宣教師たちはキリスト教が禁止された後も隠れキリシタン達にミサをあげるために命がけで五島列島に潜伏しました。1582年九州からキリシタン大名の遣いとして4人の少年たちがイエズス会の宣教師によってヨーロッパに派遣されました。これが「天正遣欧少年使節団」。その後1614年江戸時代には伊達藩の遣い「慶弔使節団」が日本からスペインにやって来ています。遠い国ですが私たちお付き合い長いんです。日本語の中のスペイン語ポルトガル語をまとめてみました。

広告

 

 

カルタ Carta

カードの事をスペイン語でカルタ。もうあまりしないかもしれませんがカルタ遊びのカルタ

カパ Capa>>カッパ

雨合羽(アマガッパ)なんて言葉はもう死後でしょうか。マント、表面にかぶせるもの。闘牛師の肩に掛ける布もスペイン語でカパ

マール Mar>>丸

海の事をスペイン語でマール。船に「にっぽん」「カイリン」等とつけるはスペイン語の海から。

パン   pan

これは意外と思う方多いんですがスペイン語でパンパンです。パン屋さんのパン。菓子パンパン

ドン Don

財界の「ドン」とかテレビ界の「ドン」とかに使う「ドン」。西郷隆盛を「西郷ドン」等。「ドン・キホーテ」や「ドン・ファン」の「ドン」。スペイン語で人に付ける敬称。女性は「ドーニャ」。今も普通に使われているので「スペイン国王ドン・フェリペ6世とドーニャ・レティシアが日本を訪問されました。」等と言う時。

メディアス Medias>>メリヤス

編んだもの、伸び縮みする布地。ストッキングをスペイン語でメディアス。これが日本でメリヤスという言葉になる

イニエスタ Hiniesta>>エニシダ

春に黄色い花を咲かせる植物日本でエニシダと呼んでいる物をスペン語でイニエスタ。バルサのサッカー選手の名前です。イニエスタがなまってエニシダと呼ばれる。同じ植物をレタマRetamaとも呼びこちらは連玉と言われた。

タバコ Tabaco

コロンブスが新大陸に到着した時のお土産だったのがタバコ。スペインに持ち帰ってバルセロナから上陸したのでヨーロッパで最初にタバコを吸ったのはバルセロナの人達。その後日本に伝わったのでスペイン語でもタバコ。

カスティーリア Castilla >>カステラ

カスティーリア又はカスティージャはスペインの地域の名前。当時のスペイン大航海時代のカスティーリア王国の時代に日本にキリスト教が伝わった。スペインではビスコッチョというお菓子をカスティーリアのお菓子ですと紹介したのがカステラになったと言われている。

オジャ Olla>>おじや

オジャはスペイン語で鍋の事で今でも使う言葉。日本で鍋の後にお米を入れておじやにしますね。これもスペイン語からの借用です。意外ですね。

リアス Rias>>リアス式

スペイン北西部ガリシア地方にリアス・アルタス、リアス・バイシャスという入り組んだ海岸線がある。このリアスが日本語のリアス式海岸という言葉になった。

ボトン boton >>ボタン

ボトンはスペイン語で洋服に着けるボタンや機械にあるボタン。

ビドゥリオ VIdrio>>ビードロ

江戸時代にガラスでできた小さなおもちゃをビードロと呼んだ。口で吹くと音が鳴る。ビドゥリオはスペイン語でガラスの事。ポルトガル語でVidroビドロなのでこちらが近い。

広告
ハボン Jabon >>シャボン

ハボンはスペイン語で石鹸の事。シャボン玉のシャボンです。ポルトガル語でシャボンなのでポルトガルからですね。

カラメロ Calamero>>カラメル(キャラメル)

キャンディーの事をスペイン語一般名詞でカラメロという。カラメルソースとかキャラメル

コンフェイトウ Confeito>>コンペイトウ

ポルトガル語です。今もある砂糖菓子の事。

コパ copa >>コップ

英語のカップより先にこちらが到着している。スペイン語でコパcopaポルトガル語でコポcopo。

オンブロ Hombro>>おんぶ

オンブロはスペイン語で肩の事。ポルトガル語もombro。おんぶに抱っこのおんぶ

オチョ Ocho>>おいちょ

オチョはスペイン語で数字の8、ポルトガル語でオイトOito 。おいちょカブというゲームの名前になる。

バテイラ /バテリアBatera /Bateroa>>バッテラ

ポルトガル語で船、船団の事をバテイラ、スペイン語でバテリア。舟形に入れて作るからバッテラ寿司になった。

ボーロ Bolo >>ボーロ

ポルトガル語で丸いもの。日本に行って~ボーロという名前のお菓子に使う。

クルス Crus >> 久留主、来栖

クルスはスペイン語で十字架の事。ポルトガル語も同じ。九州にクルスという苗字や長崎にある黒須島(クロス島)はこの十字架というスペイン語から。

広告
アランビーケ Alambique>>蘭引

蒸留酒を作る器具。イスラム学者が発明した蒸留器具アランビックがスペイン・ポルトガルへ入りアランビーケとなり日本では江戸時代に薬油やアルコール類の蒸留に使った。

まとめ

まだまだいっぱいあって約400語位のスペイン語からの外来語があると言われています。ピンキリはピンタとキリスト、襦袢はポルトガル語の下着、水やりに使うジョーロ天ぷらもポルトガル語からと言われるが正確には不明でいくつかの説があるようです。使ったことないですが「なに~このアマ~」のAmaもスペイン語、ポルトガル語で家にいる女性や乳母等の事。主婦をama de casaアマ・デ・カサと今でも使う。鎖国の後オランダ人がやって来るのでその後オランダ語由来の外来語が増えていきます。私たちは知らないうちに実は沢山のスペイン語を使っていました。

最近では車の名前やマンションの名前オーディオ製品などにもスペイン語が良く使われていてプラサ(広場)やカーサ(家)は良く使われます。ディーガ(言って下さい)はDVDレコーダーの名前。日本車の名前は聞きなれたものが沢山です。シーマ(頂上)ファミリア(家族)スープラ(超越した)トゥルエノ(雷鳴)セレナ(穏やかな)プリメラ(一番目の)プレミオ(優れた賞)セリカ(天空)セフィーロ(西風)等。意外と身近にたくさんスペイン語があります。

バルで使えるスペイン語<旅行中に便利な簡単なスペイン語・バル編>

 

スペインを旅行すると絶対お世話になるバル。どこの町でも自動販売機はなくてもバルはある。こんな良いもの世界中にあればいいなと本気で思います。是非旅行中にバルでコーヒー飲んだり定食食べたりビール飲んだり楽しんでください。

スペイン人の日常生活に欠かせないものでどんな小さな村に行っても必ずバルはあります。最初はちょっと居心地悪いけどすぐに馴染んできますので気にしないで入りましょう。

スペイン語は発音が簡単なので大きな声ではっきりカタカナで書いて発音すれば通じます。

 

広告

 

まずは挨拶


オラ!hola!

オラはスペイン語で英語のハーイみたいな気さくな挨拶。日本で知らない人に挨拶しませんがこちらは一つの礼儀なので必ず挨拶しましょう。エレベーターに乗り合わせたりお店の店員さんにも挨拶を忘れずに。スーパーでお買い物の時も道を尋ねるときもオラ!と挨拶してみてください。挨拶は潤滑油、コミュニケーションの力です。

呼びかけ


オイガ oiga もしもし

相手に話しかけるとき「ちょっとスミマセン~」と言いたいときに使います。

「oir」「聞く」というスペイン語の動詞、命令形の丁寧な形です。バルでも街で道を聞くときでもホテルのレセプションの人でもいつでも使える呼びかけ言葉です。

ぺルドン perdon

スペイン語の「スミマセン、ごめんなさい」英語のパードンと同じ感じで使えるのでこれも覚えておくと便利です。

ちょっと道を開けてほしいとき、人にぶつかってしまったとき、何か間違ってしまったとき等に使えます。

ポルファ・ボール por favor

スペイン語で英語のpleaseプリーズにあたる言葉でいろんな時に使えますね。

ちょっと長いですが覚えておくと便利な言葉です。呼びかけるときでもお願いしますという意味でも使えます。

バルでオラ!オイガ、ポルファボールと言ったら

バルのカウンター越しに挨拶とお願いします~と言ったら中からこんな返事が返ってきます。何を言ったかわからなくてもたいてい何にしますか?だから大丈夫。

ケ・デセア? que desea ?何をお望みですか?

ケ・テ・ポンゴ?que te pongo?何を置きますか?

注文 querer~


quererは欲しいというスペイン語の動詞、一人称はquiero キエロ

正確には「キエロ・ 数・品物・ポル・ファボール」 となります。

スペイン語の 構文の順序は英語と同じ キエロは英語のI wantにあたるのでI want one coffee with milk please

*カフェオレを一つ下さい

キエロ・ウン・カフェ・コン・レーチェ・ポルファボール

*生ビールを二つ下さい。(生ビールはカーニャ小さいコップで入れてくれます)

キエロ・ドス・カーニャス・ポルファボール

*赤ワインをグラスで一杯ください

キエロ・ウナ・コパ・デ・ビノ・ティント ポルファボール

*実際は最初のキエロは省略することが多いのでビール2個なら「ドス・カーニャス・ポルファ」と言う風に略して注文します。

*欲しくない時は「ノーキエロ」で通じます。

朝食 desayuno


スペインの朝食は2回あります。1回目は家で簡単にコーヒーとトーストやお菓子みたいなものを少し。2回目に街のバルで11時頃にコーヒーとチュロスなどの朝食のスペイン人たちで街のバルは賑わいます。労働者も15分間の休憩が有るのでみんなバルにやって来て2度目の朝食をいただきます。

朝食の看板

 

<コーヒーの種類>

コーヒーは日本のコーヒーのような薄いのは好まれず濃い目のエスプレッソマシーンで一杯づつ作ります。コーヒーをスペイン語でカフェ。カフェにミルクを少しとかカフェだけとか細かく注文します。

カフェ・コン・レーチェ cafe con leche  ミルクがたっぷり入ったコーヒー

カフェ・ソロ cafe solo  エスプレッソコーヒー

カフェ・コルタード cafe cortado  エスプレッソに少しミルク

チョコラーテ・コン・チューロス chocolate con churros  ホット・チョコレートとチュロス

*カフェオレを下さいを覚えておくと便利ですね。もう一度。

ウン・カフェ・コン・レーチェ・ポル・ファボール

<パン>

セットの朝食だとコーヒーにパンやチュロスが付いて2,7ユーロなどの設定。コーヒーを頼むと「パンはどれ?」と聞かれます。隣の人が食べてるのが良かったら指さして「あれと同じ」でもいいですが一般的なのを書いておきます。

パン・コン・トマテ pan con tomate パンにオリーブオイルとおろしたトマト

ナポリターナ デ クレマ napolitana de crema  カスタードクリームが入った菓子パン

<ジュース>

スーモ・ナランハ・ナトゥラル zumo naranja natural 絞りたてオレンジジュース

<それ以外の飲み物>

セルベッサ cervesa ビール

アグア agua お水

サングリア sangria サングリア

~ありますか


アイ ~?hay~?~ありますか?

英語の「Is there?」 何かあるかを聞くときに使えます。バルはお品書きがない事も多くどこ行っても決まったものしかないので~ありますか?と聞くときに使えます。お品書きも朝食だと看板に手書きだったり何も書いてなかったりなので質問をして尋ねる必要があるとき使えます。無言でほとんど何でもできる日本からだと面倒くさいですがこれも旅の楽しさ。

アイ・チュロス?hay churros? チュロスありますか?

アイ・ガスパチョ?hay gaspacho ? ガスパチョありますか?

アイ・カルタ・エン・ハポネサ?hay carta en Japonesa?日本語メニューありますか?まずないけど。

アイ・カルタ‣エン・イングレス?hay carta en Ingres?英語のメニューありますか?

これ頼んでない


間違って頼んでないものが来た時。

ノー・エ・ペディード・エスト no he pedido esto.これは頼んでいません。

間違って違うものが来たらはっきり言いましょう。

お支払い


最後にお支払い。しばらく食べたり飲んだりする場合も最後で大丈夫。

バルだと「クアント・エス?」 cuanto es ? いくらですか?

レストランだと「ラ・クエンタ・ポル・ファボール」 清算お願いします

又は空に字を書くジェスチャーはヨーロッパ共通ですね。

ぼられないですよ。私は一度もないし聞いたこともないです。おつり間違って少なかったり多かったりはあると思いますがみんなスペイン人一般的に真面目なので安心してバルに行きましょう。そしてスペイン語を使ってみて下さい。

最後はアディオースadios さようなら。また明日来るならアスタ・マニアーナ。

ブエン・ビアッヘ

スペイン語は簡単。旅行中これだけ知っていれば絶対役立つ便利な表現。

スペイン語の簡単な使い方を紹介します。スペインを旅行しているとき言葉が通じるとずっと旅は楽しくなります。スペイン語は発音が簡単でカタカナ読みでほとんど通じます。英語で聞くより断然喜ばれるし通じたらとっても楽しい。せっかくスペイン旅行するならどんどんスペイン語を使って行きましょう。まずは挨拶と有難う、そして何処ですか?、これが欲しい?、出来ますか?等基本的な疑問形を覚えましょう。

 

広告

 

まずは挨拶一番簡単なのはHOLA オラ

スペインでいつでもどこでも使える一番簡単なスペイン語。一日中知らない人でも電車の中やエレベーターで一緒になった人やとにかく誰でも挨拶をしましょう。一日中どこでも誰でも「オラ―」です。

日本で知らない人に挨拶しないですね。コンビニに入ってお店の人に「こんにちは」なんて挨拶すると怪しい人扱いかもしれませんがヨーロッパではどこでもまず最初に挨拶が基本。気さくで簡単なので「オラー」をまず最初に覚えてください。

その後おはよう

おはようございます buenos dias ブエノス ディアス

こんにちは  buenas tardes ブエナス タルデス

今晩は buenas noches ブエナス ノーチェス

これらは長いのでとにかく「オラー」がまず最初に覚える重要単語です。

有難う グラシアス gracias

有難うも旅行する時に一番最初に覚えたい言葉。               もっと感謝したいときはムーチャス・グラシアスmuchas gracias、それでも足りない位感謝だったらムチシマス・グラシアスmuchisimas gracias

すみません、もしもし oiga オイガ

呼びかけるときに使えるスペイン語です。これですでに丁寧語なのでどこで使っても大丈夫。バルで何か注文するときや道を尋ねるために人に声をかけるときでも使えます。「ちょっとすみませ~ン」「オイガ―」「これ下さい」{オイガ~」

オラであいさつの後お店でもバルでも使えます。「オイガッ」でも「オイガアー」でも大丈夫。電話でもしもしも「オイガ」です。

すみません perdon ぺルドン

これも呼びかけるとき使えます。オイガと同じように道を尋ねたりバルで声をかけたり。英語のパードンのニュアンスなのでこちらに非ががあって軽く謝る感じの時も使えるスペイン語です。ドンの方にアクセントです。ぺルドォンという感じでドを強く発音します。バルでビールを頼む前、「オイガ、ぺルドン」これで大丈夫。

~へ行く Voy a~ ボイ・ア~

タクシーに乗ったとき等にスペイン語でうまく言えないけどここに行きたいという時。ボイア~のあと地図を見せるか住所を見せれば大丈夫。

xxホテルに行く Voy a hotel XX  ボイ・ア・オテルxx

xxバルに行く  Voy a Bar XX  ボイ・ア・バルXX

プラド美術館に行く Voy a museo del Prado.  ボイ・ア・ムセオデルプラド

日本に行くVoy a Japon  ボイ・ア・ハポン

~はどこですか? Donde esta ?ドンデ エスタ・・・?

xxホテルはどこですか?Donde esta el hotelXX?ドンデ・エスタ・エル・オテルXX

xxバルはどこですか?Donde esta el barXX? ドンデ・エスタ・エル・バルXX

お手洗いはどこですか? Donde esta el servicio ドンデ・エスタ・エル・セルビッシオ

el は男性名詞に付く定冠詞ですがなくても通じます。

 

~をください Dame ~(Deme~) ダメ~(デメ~)

いろんなシチュエーションで使えますね。Deme の方が丁寧。

鍵をください  Dame la llave (Deme la llave) ダメ・ラ・ジャーべ (デメ・ラ・ジャーべ)

レシートをください Dame un recibo(Demeun recibo)ダメ・ウン・レシーボ (デメ・ウン・レシーボ)

コーヒーを下さい Dame un cafe(Deme un cafe)ダメ・ウン・カフェ デメ・ウン・カフェ

~出来ますか?puedo? プエド?

英語のcan I~にあたるスペイン語なのでその後の言葉が無くても通じます。たとえば写真撮れますかと聞きたいときにカメラを見せてプエド?と尋ねれば教えてくれます。この部屋入っていいかどうか確認する等の時にプエド?と聞くと大丈夫ですか入っていいですか?になります。

一応構文にすると

写真撮れますか? puedo sacar foto?  プエド サカール フォト?

はいれますか? puedo entrar ? プエド エントラール?

食べれますか?puedo comer? プエド コメール?

相手の答えは「出来る」なら シイ・プエデス Si,si  puedes 「出来ない」ならノープエデスNo ,no puedesu.となります。

 

~が欲しい Quiero~キエロ

 

スペイン語のRは巻き舌ですがキエロ~で通じます。お店でこれが欲しい「キエロ これ~」と指させばわかってもらえます。バルで目の前の物を指さして「キエロ これ~」

アイスクリームが欲しい quiero un helado キエロ・ウン・エラード

これが2つ欲しい  queiro dos de estos キエロ・ドス・デ・エストス

 

~は欲しくない~はしたくないno quiero~

スペイン旅行中なぜか話がうまく通じなかったときに否定形も知っていると便利。断るときははっきり否定しましょう。

これは欲しくない no quiero esto ノー・キエロ・エスト。またはノーキエロだけでも大丈夫です。断ることが得意ではないのが日本人です。スペイン旅行中は自分の意志をはっきり表示しましょう。特に断るときノーははっきり言うようにしましょう。トラブルの元になります。あ、そんなに怒って言わなくてもいいんです。普通に断りましょう。

広告

 

まとめ

 

いかがですか?これだけ知っているときっと旅行中便利な事が有ると思います。スペイン語は発音がほとんど日本語と同じなのでカタカナで書いてそのままいえば通じます。簡単な言い回しを覚えておくと便利。スペインに行ったら頑張ってスペイン語を使いましょう。相手もスペイン語で話してくれるととっても嬉しいので喜んでくれます。

街はあまり英語が通じません。簡単なスペイン語を知っているだけできっと便利な事が有ります。

*バルに入ったときに使えるスペイン語はこちら

バルで使えるスペイン語