スペインの食事は1日5回 朝食編

スペイン人の朝食

国によって色々習慣に違いがありますが食事1日5回食べる民族って他にいるんでしょうか?

スペイン人最初の朝食は朝起きて家でコーヒーと小さなガジェータというビスケット

 

卵焼き焼いたり絶対しません。トマトやレタスや野菜なんて絶対食べない。
とっても簡単な朝食で家を出ます。

 

人にもよると思いますが家で朝色々調理するスペイン人多分1人もいないと思います。

2度目の朝食

そして11時前後2回目の朝食の時間がやってくる。労働者は朝15分間の休憩時間がある。
この休憩時間は労働者の義務なんです。これが2度目の朝食。
この朝食も卵やソーセージ食べる人はいない。

 

市役所や銀行や色んな会社のオフィスからみんな交代でバルにやってくる。

町中のバルが活気付きカウンターで老いも若きもコーヒーにチュロスや菓子パン。

常連さんは毎朝同じもの頼むのでバルの主人は覚えていて「いつもの?」なんて聞きながら

テキパキと次から次からお客さん達をさばいていく。

この手際のいい事と言ったら芸術です。
あっという間にカフェを1個づつエスプレッソマシンで作って出していく。
向こうでは「お金取って〜」「クアント?」「カフェ・コン・レーチェだけどミルクは温めね」「カフェ・ソロだけどカフェインないのでね」注文が細いのも大変だ。15分しかないので時間がかかっては致命傷。

 

お客さんも一気に頼んで仲間とおしゃべりしてあっという間に居なくなる。

まるで嵐、いや台風。

 

何処のどなたですか?スペイン人は一度に2つの事しないって言ってたの。
バルの主人は別の生き物でこの短い朝食時間に全力で戦う戦士だ。

 

朝食をdesayuno
「ayuno」断食 それに「des〜否定形」が付いて朝食。断食の終わり。

 

英語でもbreakfast 「fast」が断食それをbreak するわけで
夕食からの長いファスティング終わって最初の食事。
image.jpeg

朝食のメニュー

上の看板の見方

Café o infusión
コーヒーかお茶系

Bolleria churros o tostado

菓子パン類、チュロス、トースト

mini zumo de naranja

ミニ・オレンジ・ジュース

コーヒーはミルクの量で色々名前が違う

朝はミルクたっぷりのカフェオレが普通 カフェ・コン・レーチェ

コーヒーたっぷりミルク少なめだと カフェ・マンチャード

ミルクたっぷりコーヒー少なめ レーチェ・マンチャード

エスプレッソに少しミルク だと カフェ・コルタード
エスプレッソ は カフェ・ソロ

スペイン人は更に細かく注文。

こういう事には絶対エネルギーを惜しまない主義。

ミルク入れる時に「¿ como quieres leche?」「ミルクはどんながいいの?」
なんて聞かれたら貴方は無茶スペイン語上手い又は感じいい人だった。
熱いミルクと温めのミルクが入った入れ物持ってきてくれて好みの熱さ
に調整してもらう。「カリエンテ」「熱いの」とか「テンプラーダ」「温め」とか。

お茶類

紅茶 ストレート テ・ソロ
ミルクティー テ・コン・レーチェ
カモミルティー マンサニージャ
菩提樹ティー ティラ

菓子パン、チュロス、トースト

Bollerías. は菓子パン類 ナポリターナ(パンの中にクリームやチョコ)           クロワッサ等
tostada はトースト
四角いパンもだけどクロワッサン焼いてもらったりパン・コン・トマテ等
写真はパン・コン・トマテ 焼いたチャパタやフランスパンにトマトすり下ろしとオリーブオイル
image.jpeg

大体どこでも2〜3ユーロで朝食メニューやってます。ホテルの朝食付けないでバルで楽しむのもありですね。

朝食の看板

マドリッドの普通のバルの朝食看板です。コーヒーとトーストだった2ユーロです。生絞りオレンジジュースつけたら3,9ユーロ。


image.jpeg
image.jpeg

 

12時まで朝食たべれます。