セゴビアの行き方と歩き方。世界遺産の水道橋と白雪姫の城<行き方とモデルコース付き>

広告

 

セゴビアはマドリードから簡単にアクセスできる世界遺産の街。行き方と歩き方を説明。ローマ時代の水道橋と白雪姫のお城、旧市街などの歩き方を説明します。

ポエニ戦争の後イベリア半島はローマの支配下にはいり国中に街道がめぐらされ街が作られた。19世紀にスペインで使われていた橋はすべてがローマ時代の物だったというのは驚き。2000年も耐えうる石の建築を現代の私たちは創ることが出来るのか。今も多くのローマの水道橋を地中海沿岸諸国で見ることが出来るがセゴビアの水道橋(世界遺産)ほど美しいモニュメントは他にはない。

マドリードから簡単にアクセスできるのだから是非とも見て帰ってください。セゴビアの街(世界遺産)はコンパクトで歩けるサイズです。モニュメントが沢山有りますが水道橋だけで帰っても良いくらいです。

セゴビア

1・行き方はバスか新幹線か現地各社のツアー

それぞれメリット・デメリットがあります。マドリードからセゴビア間バスは1時間から1時間20分かかりますが頻繁に出ていて予約もいらない。セゴビアのバスターミナルは水道橋から徒歩5分の所です。新幹線は30分で着き快適ですが本数が少なく予約が必要。到着駅もセゴビアの街から離れているのでタクシーか路線バスに乗る必要があります。現地各社ツアーはアビラ・セゴビア終日で効率よく回ってくれる。日本のエージェントでガイドの説明を聞きながらの半日ツアーをやっていいるので各社に問い合わせてください。

<バスの場合>metro6号線 moncloa モンクロア・バスターミナル

メトロ6号線モンクロアに着くとterminal de autobusと書いているほうに進む。バス会社Sepuvedanaで1時間か1時間15分でセゴビアまで(直行と途中止まるルート)でWi-Fi付きのバスです。私はこの方法をお勧めします。

バス会社ホームページ 日本語 https://lasepulvedana.es/rutas-horarios.php

<新幹線の場合>

マドリード、チャマルティン駅から新幹線で30分。2017年現在本数が増えていて頻繁に出ています。

スペイン国鉄のホームページ出発地目的地を入れて検索して下さい。http://www.renfe.com/viajeros/

 

2・セゴビアに着いたら

セゴビア・バスターミナルから

セゴビアバスターミナルを出ると商店街通りを少し歩くと水道橋が見えてきます。どっちかわからない場合は「アクエドゥクト?」と街の人に聞きましょう。水道橋のたもとにインフォメションがありそこで街の地図を無料でもらうことが出来る。(中にお手洗い20セント)

正確にはセゴビアの水道橋がある広場の名前は <プラサデアソゲホ><Plaza de azogejo>

 

セゴビア・レンフェの駅から

タクシー又は路線バス(11番)で水道橋迄15分、(12番)のバスでバスターミナルまで15分。タクシーの場合先にお城の見えるところ<mirador alcazar de fuencisla>まで行ってお城の写真を取り同じタクシーでお城まで(すごい登りなので)行くと無駄が無い。

3・セゴビアの歩き方

<モデルコース>

セゴビアは町がコンパクト。水道橋とアルカサール(セゴビア城)の間に旧市街。歩いて回れるけどセゴビア城が見えるところはタクシーを使うことをお勧め。アルカサール(セゴビア城)は白雪姫のお城のモデル。内部より外からが絵になるので是非ミラドールまで行って写真を撮りましょう。

水道橋の横の階段を登って行くと水道橋の最上部レベルから見ることが出来る。(水道橋の上には登れない。)上まで登るのがつらい場合はインフォメーションの上からでも充分いい写真が撮れる。その後タクシー(タクシー―乗り場は水道橋の向こう側)でアルカサールの見える広場まで行き(Fuensisla mirador de Alcazar-フエンシスラ ミラドールデアルカサール)タクシーは待たせて写真(un momento para foto-ウン モメント パラ フォトー写真撮るから一瞬待って)その後タクシーでアルカサール(セゴビア城)まで行って(お城は崖の上)タクシーは終了にすると激しい登りを歩かなくて済みます。アルカサール入場後水道橋まで旧市街を散策しながら20分ほどで戻れます。

もし時間がいっぱいあってタクシーにそんなに乗りたくなくて「歩きますッ」という場合は水道橋から旧市街をマヨール広場―大聖堂ーアルカサール(セゴビア城)―下り20分でミラドール(お城が見える広場)ーまた登り20分でアルカサール(セゴビア城)ーバスターミナル又は鉄道駅(アルカサールを出て右側の城壁沿いを歩くと同じ道を通らずに20分位でバスターミナルまで行けます)

4・モニュメント

<セゴビア水道橋>

セゴビア水道橋

 

広告

 

2000年も前にローマ人が創った水道橋。両側の丘と丘を結び水道管を渡すための物。石と石の間に接着剤は使われていない。17キロ離れた山から上水道を引くために作ったものでほとんどは地中を水路が通っているが丁度ここは谷になっているのでこの高さの橋が必要だった。

セゴビア水道橋について詳しくははこちらに書いています <セゴビア・ローマの水道橋>

水道橋の横の坂道を(インフォメーションの階段のある反対側)上って行くと10分くらいで導入部まで行くことが出来ます。坂を上ると水道橋が低くなって行きもう少しで上の水路が見えそう。

セゴビア水道橋

<セゴビア旧市街も世界遺産>

セゴビアは街も世界遺産で散策が楽しい。中世の街並みが残っていてそこで暮らしている人々の生活感も楽しめる。文房具屋さんや食材屋さんなども見ながらの散策。15世紀頃の邸宅や貴族の家牢獄や教会等を見ながらセゴビア城(アルカサール)まで1,5キロ20分から30分で歩けます。

<15世紀の貴族の家・とげの家>

とげの家

<サンマルティン広場>

サンマルティン広場

サン・マルティン広場はセゴビアで一番中世のムードが残っている広場。横にある教会はロマネスク様式のサンマルティン教会(12世紀)は今も現役の教区教会。柱頭の彫刻が少し摩耗しているが聖書の場面や魑魅魍魎の生き物たち。

<右側がサンマルティン教会・奥にセゴビア大聖堂の尖塔が見える>

サンマルティン教会

<マヨール広場>

セゴビアのマヨール広場は大聖堂が綺麗に見える。お土産物屋やカフェなどがありお天気がいいとテラスでお茶もいいです。ここにもセゴビアのインフォメーションと公衆トイレがあります。

<セゴビア・マヨール広場から大聖堂>

セゴビア大聖堂

 

<サン・エステバン教会>

サンエステバン教会

 

サン・エステバン教会は13世紀後期ロマネスク。セゴビア大聖堂ができるまではこのあたりで一番高い塔で遠くからくる旅人の目印だった。53メートルで形も美しいのでスペインに数々有る教会の塔でも女王と呼ばれる。

<サンミゲール教会>

セゴビア大聖堂を背にして右手の方にサンミゲール教会。イサベル女王が戴冠式を行った教会。入口の横にスペイン語で1474せ年12月13日イサベル女王戴冠と書いてある。

<セゴビア大聖堂>

スペインで最後に作られたゴシック様式の大聖堂。内部は広々としている

 

<セゴビア大聖堂内部>

セゴビア大聖堂内部

セゴビア大聖堂から5分ほど歩くとアルカサールへ

<アルカサール・セゴビア城>白雪姫のお城

セゴビア城はディズニーの白雪姫のアニメの中に出てくるお城のモデルだと言われている。外側のメルヘンな感じと中は随分ムードが違い堅牢な城郭。中には甲冑やイサベル女王の肖像画、王座の間等楽しめる。内部は写真可(フラッシュ不可)。

<アルカサール・セゴビア城>

アルカサール

切符売り場は向かって左側の別の建物内。一番上の塔まで登る場合は別料金。

 

 

<フエンシスラのミラドールからアルカサール「白雪姫のお城」が展望できる>

白雪姫がここに住んでいたわけではなくウォールとディズニーがアニメを作るときに白雪姫の物語にふさわしいお城を探して旅をした。この「お城がぴったりだ!」とアニメの白雪姫のお城のモデルに使った。

セゴビア城

アルカサール
<エスグラフィアード>

セゴビアの街の家をよく見ると壁に綺麗な装飾が入っている。これらの漆喰に彫刻でほられている装飾をエスグラフィアードをいう。幾何学模様がほとんどでイスラムの影響がみられる。

エスグラフィアード

 

5・食事<子豚の丸焼き>

コチニージョ

名物料理は子豚の丸焼き<コチニージョ>。生後21日までの子豚をオーブンで焼き上げる。雑食していない子豚は母豚のミルクしか飲んでいないので肉が柔らかくミルクの味と言われる。街の中のあらゆるところに専門店。

<有名なのはこの2店>

有名なのはエル・カンディドEl Candido 水道橋のすぐ横。ホセ・マリアJose Maria は地元の人に人気。それ以外にも街にはたくさん子豚料理の店が並ぶ。どの店もほかのお肉屋、魚料理、野菜もあるので同伴の人が子豚を食べたくなくても大丈夫です。

<バルで簡単にだったら>

レストランでの注文は前菜・メイン・デザートとコースで頼むのが掟。時間もかかり量も多いので少しだけ味見したい場合は水道橋の横の登り坂沿いにバルで単品で子豚を頼める店が2件。2人で「子豚の丸焼き」一皿を頼んで飲み物でも大丈夫です。

トリップアドバイザーでレストランや観光モニュメントの口コミが見れる             TripAdvisor (トリップアドバイザー)

<まとめ>

マドリードから近くにある世界遺産で日帰りも可能だし一泊できればなお楽しめる。ローマの水道橋はヨーロッパ中で見れるがこれほど完璧で美しい水道橋はあまりない。そして街も中世のムードが残っていて白雪姫のモデルになったお城<アルカサール>や騎士の館、教会等街が世界遺産、綺麗でこじんまりしているので散策するのに最適です。

広告