キャンピングカーでピレネー山脈オルデッサ国立公園とアジェルベの廃村へ。2018年5月24日~28日

 

ピレネー山脈のオルデッサは夫の大好きなデスティネーションのひとつで私たちは度々訪れる。フランスとスペインの国境を形成するピレネー山脈は3000メートル級の山が430㎞にわたってそびえ地中海側から大西洋側へ横断するハイキングコースや様々な登山道、スキー場がある国立公園だ。オルデッサがスペインの国立公園になって2018年は100周年祭にあたる。”オルデッサ・イ・モンテ・ペルディード国立公園”として1918年にスペインで最初に設置された2か所の国立公園のひとつにあたる(もうひとつはピコス・デ・エウロパ国立公園)。世界遺産としてはフランス側にまたがる「ピレネー山脈のモン・ペルデュ」として1997年に複合遺産に指定されている。そのピレネーの山の中に友人のアントニオ氏が廃村丸々全部を購入して修復をはじめ村の再生を目指してルーラルハウスを建築中なのでキャンピングカーで尋ねに行って来た。

 

5月24日:1日目マドリードからトルラ・オルデッサとブハルエロ502キロ

お弁当を作って朝10時にキャンピングカーで出発。5月にマドリードが曇り空なんて事は珍しいし目的地オルデッサの天気予報は雨なのだ。ポンチョと傘とお弁当を持って出発。

キャンピングカーの旅オルデッサ
筆者撮影

暫く走っているうちに青空が見えて来た。ほらね晴れた。ガソリンはソリアに入ると不思議と値段が安い。巷ではRepsolが一番質が良いと言われているのでなるべく探すのはRepsolだ。ここは1L=1,229€、他より格段安い(他は1,28から1,3€)。サラゴサ街道180キロ地点覚えておこう。

キャンピングカー
キャンピングカーの旅

安いので車がゴボゴボ言うまで満タンにして出発。

キャンピングカー
筆者撮影

マドリードからサラゴサ経由、ウエスカを通りピレネーに入って行くが途中はまだ工事中。この工事が終わったら随分近くなるねえ。でもあと何年かかるんだろう。

ウエスカの道路
筆者撮影

険しい山と悪天候で工事が出来る時期が非常に短いのだ。

 

15時30分にトルラTorlaの駐車場到着。約500キロを5時間半ほどで全て無料の道路だから有り難い。トルラはオルデッサに登る起点になる村で大きな駐車場やインフォメーションがあり綺麗なお手洗いがある。ここで休憩してお弁当をいただきます。

トルラの駐車場
筆者撮影

トルラの教会と後ろに氷河に削られたピレネー山脈。この景色を見ただけでも来てよかったと言う気分になった。

トルラ駐車場
筆者撮影

トルラからオルデッサ、そして更に山深くへ入って行く。普通車で行けるのか?と思うような道をしばらくドライブ。ほとんど対向車は無い、というかみんな恐れをなしてここには入ってこないのだ。

オルデッサからモンダルエゴへ
筆者撮影

はじめのうちだけは舗装されているが途中からそれも無くなり水たまりと石ころの中を30分くらいの移動。

ピレーネ―キャンピングカーの旅
筆者撮影

ブハルエロに到着。山小屋とキャンプ場があってここの駐車場で今日は泊まろう。ピレネーの谷間で横に清流、簡単に来れないので人が少なく空気が荒れていなくて聖地みたいなところです。

オルデッサからモンダルエゴ
筆者撮影

フランス国境はすぐそこでサンチアゴの道の一部でもある。


ブハルエロの山小屋は通年営業、今はオフシーズンだがすでに宿泊している登山客もいた。

モンダルエゴ
筆者撮影

ここの山小屋の食事は美味しいのだ。夕食はキノコのリゾットと白豆の煮ものと赤ワインをグラスで幸福な気分になった。

モンダルエゴの山小屋の夕食
筆者撮影

この山奥でこの値段でこんなおいしいものが合計22€50cent。

モンダルエゴの夕食
筆者撮影

21時頃やっと少し暗くなってきた。風の音と川の流れ、鳥の鳴き声しか聞こえない贅沢な環境。テレビも無く電話も繋がらず、Wi-Fiは20時間で1ユーロだったけどしょっちゅう切れて長い長いパスワードを永遠に入れ直し続けるがついに力尽き、寝ます。

モンダルエゴ
筆者撮影

 

5月25日:2日目ブハルエロからブロト14キロ

鳥の鳴き声で目が覚める朝は贅沢だ、おはようブハルエロ。

ブハルエロ
筆者撮影

山小屋でコーヒーとクロワッサンの朝食。昨日の夕食時にも隣にいたカップルとしばらく会話をする。カタラン人のリタイヤーしたご夫妻でレリダから来た人達だった。いつも自分たちの畑で作った野菜などオーガニックな物を食べているので昨日のここの食事の後少し胸焼けがしたそうだ。

モンダルエゴ
筆者撮影

 

私たちは昨晩「美味しいね~」と感動したので笑顔の後ろにショックは隠せなかった。最初はピレネーの事や食事の事等あたりさわりのない会話をしていたが次第にカタルーニャの歴史やら独立やらちょっと複雑な話になってしまった。が、生のカタラン人の話が聞けたのは興味深かった。彼らは独立支持者だった。別れを告げ、私たちは昨日の道を戻って行く。

 

モンダルエゴ
筆者撮影

ブロト(Broto)で昼食前にアントニオ氏と合流。今度は本物のジープが待っていた。アントニオ氏は今ではホテルを複数経営しサラゴサに家も数件持つ実業家だが子供のころは父親に連れられて羊飼いや博労(バクロウ)として働いていた。学校なんか行ってないよと常々言っている。

そのアントニオがピレネーの廃村ごとまとめて購入し再生している。工事を始めて3年位、やっと宿泊するところが完成したその廃村へジープで向かう。

アジェルベ・デ・ブロトAjerbe de brotoは1976年頃に最後の家族が去った後、もう誰も住まない廃村になった。山の中の不便なところで元は100人ほどの人口があり自給自足の生活をしていた。友人のアントニオ氏が数年前に村ごと購入し修復を始めた。スペイン語で「カプリチョッソ」、「気まぐれ」で始めたらしい。

ピレネーアジェルベ
筆者撮影

私たちに「どれでもひとつ家をくれる」というが舗装道路がないので資材を運ぶのも大変で修復に何年もかかるだろう。修復の費用は「最低500万円くらい」と軽く言われたが私たちには大金だし年に何回来れるだろう。一年の半分は雪に閉ざされる所だ。ジープも必要になる。

ピレネーアジェルベ
筆者撮影

アントニオはここを本当に愛しているので村の隅々まで見せてくれ熱く語ってくれた。

アジェルベ
筆者撮影

何回も「1日過ごせば好きになるよ、でも2日過ごすともっと違う何かが見えるって」

アジェルベ
筆者撮影

今年は雪が沢山残っていた。そう、先週も雪だったのでアントニオの工事は進まないのだ。

ピレネー山脈
筆者撮影

 

今日はブロトに戻りアントニオ経営の小さなホテルで宿泊。夜遅くマドリードから来る友人たちと合流して夕食。アントニオはこれからジープで廃村に戻り明日の私たちのベッド用マットレスを運ぶと言っていた。タフやなあ。

広告

5月26日:3日目ブロトからアジェルベへ

朝、ブロトのホテルからアントニオのジープに乗り再び凄いガタガタ道を山へ移動。8時30分出発でほぼ予定通りだ。(スペイン人と過ごしていて予定通りというのは凄い事なのだ!)今日は霧で何も見えないが見えなくても前進あるのみらしい。どんどん登って行く。

ピレネー
筆者撮影

霧で前があまり見えないカーブの道で横は崖、大きな石が転がっている。落石注意なんてもちろん書いてないし書いてあっても意味が無い。今、私の上に落ちてこなかった幸運を喜ぶのみだ。

ピレネー山脈
筆者撮影

昨日は遠くの山まで見えたが今日は霧の中、暫くしたら車を止めて焚火が始まった。勝手に火をつけていいのか!とか日本だと問題になるのかもしれないけど、どうやらアントニオは村を買ったのではなくて山ごと買ったらしい。ここはアントニオの持ち物なのだ。

ピレネーの旅
筆者撮影

「雨が降るよ」とアントニオ。風や空気で天気がわかるらしい。突然先を急ぎアントニオの村アジェルベに到着。パンとチーズとワインとハムのランチ。山でいただくと本当においしい。

キャンピングカーの旅、ピレネー
筆者撮影

いくつかの建物の修復は終わっていてカマドが有る調理室が出来ていた。日本のいろりの様な石のかまどに大きな切株が燃えていてここでお肉を焼いたりスープを温めたりできるし建物全体の暖房にもなっていて中は暖かいエコなシステムだ。アントニオが目指すのは昔のまま。

この村にいろんな家族が住んでいて様々な人生があった、もう既にいない人達の知らない人生に思いを馳せる。

アジェルベ
筆者撮影

アルフォンソはアントニオがスカウトして来てここで働きながら暮らしている若者。アントニオも毎日家に帰るのでアルフォンソは羊みたいな犬とここで2人暮らし。「ここの暮らしは気に入っている。山は孤独だけど都会はもっと孤独だよ。」と話していた。アルフォンソの人生に何が有ったんだろう。

アジェルベの村
筆者撮影

羊の様なワンちゃんは怪我をしていた子犬をアルフォンソが拾って育てたという。

キャンピングカーの旅、ピレネー
筆者撮影

「じゃあみんなはシエスタの時間。僕は家族と過ごすからまた明日~」とアントニオは行ってしまった。そうだ今日は日曜日だった、スペイン人にとって家族と過ごす大切な日に付き合わせてしまった事に気が付いた。私たちは言われた通りシエスタ、そして夜まではのんびり、本当にのんびり何もしない贅沢な時間を鳥の声を聴きながら過ごした。アントニオが言った通り1日でここが好きになった。

アジェルベの村
筆者撮影

夕食はアルフォンソのしきりでバーベキュー。

ピレネーの廃村、アジェルベ
筆者撮影

ロンガニーサというアラゴンの渦巻きソーセージと子羊のあばら肉の炭火焼き。

キャンピングカーの旅、アジェルベのバーベキュー
筆者撮影

寝室はベッドが12個程でこの大きなマットレスを昨日の夜に運んでくれたらしい。あの石がゴロゴロの山道を夜中に・・・だ。

アジェルベの寝室
筆者撮影

寝室の下は談話室で暖炉に火が燃えていて建物全体が温まる暖房システムになっている。

ピレネーアジェルベの村
筆者撮影

夕食後いつ眠ったかの記憶も無く起きたら朝でした。

5月27日:4日目アジェルベからブロト

山の朝は気持ちが良い。アントニオの予言通りあと1泊してもいい様な気分になっていた。

朝8時、約束通りアントニオがジープで迎えに来た、時間通りだ。今日はお天気は随分良いみたい。

キャンピングカーの旅、アジェルベ
筆者撮影

お天気も良いので歩いて途中まで降りていくことになった。植物や鳥などを見ながらケモノ道をハイキング。

大きな鷹のツガイが飛んでいくのが見えた。

ピレネーオルデッサ
筆者撮影

鳥や花を楽しみながらの1時間ほどの下り道のハイキングを楽しんだ。

ピレネーの村アジェルベ
筆者撮影

ジープに乗りオルデッサが見えるところへ移動する。

世界遺産はピレネーの山奥の峻厳な環境に適応しながら暮らしてきた牧畜や段々畑なども含まれる。今も世界遺産の中を牛飼い達が牛を移動しながら暮らしているのだ。

ピレネー、オルデッサ
筆者撮影

私たちはジープを止めて少し歩く。

キャンピングカーの旅、アジェルベ
筆者撮影

30分程歩いて行くと谷の底にオルデッサの河と滝が見えた。森林限界の感じからここは2300メートル位の標高。氷河に削られた険しい景色。

キャンピングカーの旅、ピレネー
筆者撮影

動物がいるよ。アントニオは大きな双眼鏡で鳥や動物を見つけて教えてくれるマサイ族みたいだ。

ピレネー山脈、オルデッサ
筆者撮影

「えっ」アントニオが急ぎはじめた。「急ごう!濡れたくないなら」と言われジープに戻る。雨が来るらしい。道はあるようなないようなところだったので一人残されたら大変だ、絶対一人では帰れない。

ジープで山を下りてアントニオが生まれた村に行く。すれ違う人全員アントニオの友達か親戚らしい。誰かとすれ違うたびに話し込んでいる。

ピレネーの村
筆者撮影

 

午後はシエスタの時間が設定されていた。スペインでは大切な事のひとつだ。ホテルに戻って休憩していたら天気が崩れ大きな氷の塊が降って来た。アントニオの天気予報はスペインの国営放送より正確だ。

キャンピングカーの旅、ピレネー
筆者撮影

夕食はアントニオのお兄さんが経営しているレストランでペロチコという小さなキノコと炭火で焼いた大きな骨付き肉で旅の最後を祝いアントニオと別れた。

ブロトの夕食
筆者撮影

5月28日:4日目ブロトからマドリード470キロ

今日は帰らなければ。午後まで時間があるのでオルデッサのハイキングコースの最初だけ歩いてみた。本当は往復17キロの「コラ・デ・カバージョ」まで行く有名なコース。最初の滝まで約1時間。高山植物も少し咲き始めている川に沿ったなだらかなコース。

キャンピングカーの旅、ピレネー
筆者撮影

今年は水量が凄い。雨が多い春だったので滝の水流がとんでもなく多い。

 

キャンピングカーの旅、ピレネー
筆者撮影

山から下りてピレネーの登山の起点トルラTorlaへ。街の名前はトルラ・オルデッサに変更された。人口300人ほどの街だが廃村から来たらえらく都会に感じる。

キャンピングカーの旅、ピレネー
筆者撮影

レストランやホテルも有り夏の登山シーズンは人口が5倍に増える。

トルラの街
筆者撮影

そろそろトルラを出発してマドリードへ戻らなくては。途中どこかでランチでも食べてゆっくり帰りましょう。

キャンピングカーの旅、帰り道
筆者撮影

天気は目まぐるしく変わって行き前方は晴れているのにバックミラーに映る雨雲。

キャンピングカーの旅、ピレネー
筆者撮影

そしてついに雨雲に追いつかれ降り始めた。

キャンピングカーの旅
筆者撮影

タイヤが2センチは浮いて走ってる感じで怖かったですが無事にマドリードに帰着。

キャンピングカーの旅
筆者撮影

19時30分無事到着。毎回外から戻って来るとマドリードが巨大な街に感じられる。アントニオに無事に帰ったよと電話を入れたら「来週も来る?」と本気で言っていた。

走行距離:980キロ(キャンピングカーの移動距離)

使ったお金:約540€

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.