セゴビア・ローマ時代の水道橋

広告

セゴビア・水道橋

ローマ人は水を運ぶためにこんな凄いものを作った。

約2000年前の水道橋。

セゴビアの水道橋
山から街に水を引くためです。
そのために近くの山、水の出そうなところを探索し
水の透明度や水量、味を見ただけではなく
その付近の住民の健康状態や肌のツヤまで記録に取って
質の良い水を探した。

 

水道橋は実はほとんどが地中を通っていて見えない。
上に出ている部分は20パーセント位。
セゴビアの水道橋

水勾配

水には自然に流れる水勾配というのがあって
今も土木の人達は町を作ったり家を建てる時に
水をどう流すかを考える。

 

水が自力で流れるギリギリのゆるい勾配が0,5パーセント。
気にならない最大勾配が2パーセント。
ちょうど良いのが1パーセントだそうだ。

 

セゴビアの水道橋の地上部分813メートルの水勾配は1パーセント。
セゴビアの水道橋、勾配
途中でいびつに水道橋は曲がっている。
まっすぐ作ったほうが石は少なくすんだはず
この絶妙な勾配を守るためにほとんど直角に曲げて作った。
セゴビア水道橋、直角に曲がっている所

水源

約18キロ離れたレベンガに水源がある。
そこから水は供給されていて今もちゃんと残っている。



レベンガ、水源
最近の修復できれいになりすぎていますが今もたっぷり水が流れていた
レベンガ、水源
水を低いところから高いところへ上げるためにはスクリューやサイフォンのシステム。
別料金を払えば自宅へ水を引くことも可能だった。
基本水と道路は無料。
インフラに対するローマ人の情熱。
2000年も前の話です。
街はとても綺麗でロマネスク教会やセゴビア城等楽しめます。
セゴビア城
標高1000メートルのカスティーリアの大地

 

行き方

チャマルティン(Chamartin)駅からAVE で30分。セゴビア駅からタクシーで水道橋まで水道橋お願いしますはスペイン語で「Acueducto Porfavor。」または路線バス11番終点が水道橋。

モンクロアバスターミナルからバスで約1時間15分  少し時間がかかるけどバスの方が水道橋近くにバスターミナルがあるので便利。頻繁に走っています。               (Sepulvedana)バス時刻表HorariosMadrid_SegoviaInvierno

バスターミナルから5分で水道橋に着きます。水道橋はスペイン語でアクエドゥクトacueducto 町を歩く人に聞いてあっちと指さしてもらうとすぐに見えてきます。

広告