サンルーカル・デ・バラメダのビーチ競馬は毎年8月の干潮の頃、3日間ずつ2回あります。

南スペイン、カディス県のサンルーカル・デ・バラメダは毎年8月のビーチ競馬が有名。歴史は1845年に始まり漁師が採った魚を競って街の市場に運んだのが始まりとか。今も毎年8月に3日間ずつ2度の浜辺の競馬行われている。日程は海の水が引く干潮になる日の夕陽になる時間に終わるように設定されている。

サンルーカル・デ・バラメダ


サンルーカルのビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルのビーチ競馬

グアダルキビール河の河口に位置するサンルーカル・デ・バラメダはコロンブスやピサロや支倉一行等が滞在した街でグアダルキビール河が大西洋にそそぐ河口にある。マンサニージャというお酒はここの潮風にあたったブドウで作られる独特の味わいでシェリー酒の仲間。対岸は世界遺産のドニャーナ国立公園で河口は船の出発地になっている。

 

ビーチ競馬


サンルーカル・デ・バラメダの海岸で毎年8月に行われるビーチ競馬は1845年から行われているスペインで最も歴史がある競馬のひとつ。毎年8月に3日間ずつ2回行われ無料で見ることが出来る。ゴール地点に有料席もありここは本格的に競馬を楽しむ人達の社交場のような感じ。夏のビーチなので水着で海で遊びながら競馬が始まる少し前に合図があり海から上がって見学。約2キロの砂浜に赤いビニール製の柵がされていて空いている場所を見つけてそこで見学することが出来る。

サンルーカルのビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルビーチ競馬

 

地元の人はパラソルや椅子やお弁当に大きなックーラーボックス等を持って来て遠足気分で楽しんでいます。街でパラソルを購入しても良いし日傘でもいい。日陰のないビーチで18時というとまだまだ太陽は頭の上なので日よけ対策を考えましょう。競馬の合間は場所だけ確保して海に入ったりバルに行ったりして大丈夫。

サンルーカルのビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルのビーチ競馬

 

競馬の合間にアイスクリームやお水やお菓子を売りに来る。

サンルーカルデバラメダのビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルデバラメダのビーチ競馬

「警察官の給料あげてくれ~」のカードを持って観客の皆さんに訴える非番の警察官達

サンルーカルのビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルのビーチ競馬

カディスの人達は陽気で気さく。カメラを向けるとすぐにポーズを取ってくれる。

サンルーカルデバラメダのビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルデバラメダのビーチ競馬

競馬が始まる少し前に合図がありみんな海から上がって赤い柵の内側へ移動。時々子供が忘れ物を取りに戻ったり、警察も大変だ。

サンルーカルのビーチ競馬、忘れ物を取りに行く子供
筆者撮影、サンルーカルのビーチ競馬

 

海から全員出たのを確認するとパトロールの車が移動

サンルーカルデバラメダのビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルデバラメダのビーチ競馬

パドックから次のレースで走る馬が出発地点に移動。この時に馬とジョッキーを見定めプログラムの内容と吟味して馬券売り場に馬券を買いに行く。

サンルーカルデバラメダのビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルデバラメダのビーチ競馬
サンルーカルデバラメダのビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルデバラメダのビーチ競馬

プログラムは無料で色んな所で配布しているので手に入れよう。私はビーチに有るチリンギート(海に有る簡易バル)でもらった。馬の名前や産地ジョッキーの体重等が書いてある。

サンルーカルデバラメダのビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルデバラメダのビーチ競馬

馬券売り場


子供達が手造りの馬券売り場で営業していて馬券売り場のコンクールも有るみたい。

サンルーカルビーチ競馬
筆者撮影

一口50セントから誰でも馬券を買うことが出来る。私も買ってみた

サンルーカル、馬券
筆者撮影

ゼッケンの番号で3番と5番に1ユーロずつという風に。ついで手作りのおまけも選ばせてくれた。

サンルーカルのビーチ競馬
筆者撮影

 

もし勝ったら同じ馬券売り場に持って行くと3倍にして返してくれる、はず。私は外れたので・・・隣のセニョールに聞いた話。

出発したらあっという間に馬は通り過ぎてしまう。全部本物のサラブレッドだ。

サンルーカルのビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルのビーチ競馬
ビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルビーチ競馬

コースの真ん中あたりからだと後ろ姿も取れて逆光も綺麗に撮れた

サンルーカル、ビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルビーチ競馬

私が見た日は合計8レース、18時から約30分毎に行われ最後のレースが21時で日没の頃。8月の海の干潮の頃の日没に最後のレースが終わるように設定されていた。始まる時間は何レースあるかによって変わるので日程が発表されたら確認してください。

サンルーカルビーチ競馬
筆者撮影

どこで見る?


約2キロの海岸線で行われるので見る場所は充分にある。私たちは2キロのコースの真ん中あたりにカーブがあってテレビカメラの人がいたので「きっと撮影場所として良いに違いない」とその横で見た。この辺りは丁度ビーチも狭くすぐ近くで見ることが出来、遠くから来た来た~ってところから

サンルーカルのビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルのビーチ競馬

自分の目の前を通り過ぎて

サンルーカルのビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルのビーチ競馬

走り去って行く後姿まで。

サンルーカルのビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルのビーチ競馬

 

連写にしてとにかくシャッターを切り続けたら結構綺麗に撮れた。最後のレースだけゴール地点が見てみたくて移動。正面から写真が撮れるかと思ったが一番いいところは関係者に占められていてゴールと船とビールの宣伝と障害物が多すぎて写真の見栄えはあまり良くなかった。下の写真。

サンルーカルビーチ競馬
筆者撮影

唯一走った後の馬がパドックに戻って行くのが見れて夕陽をバックに馬がすぐ近くで見れたのは良かった。

サンルーカルのビーチ競馬
筆者撮影、サンルーカルのビーチ競馬

食事


プラサ・デ・カビルドとその周辺に沢山の飲食店。有名なのはエビとトルティータ・デ・カマロン。した写真の手前がトルティータデカマロン。小さなエビが入ったかき揚げ

トルティータ
筆者撮影

白ワインのバルバディージョやマンサニージャというシェリー酒の一種。

マンサニージャ
筆者撮影

有ったらいいもの


日焼け防止:日に焼けるので日焼け止めやパラソル、帽子等は絶対必須。私は大きなパレオを帽子の上、頭からかぶったり肩にかけたりしていました。

パラソルと砂場に敷く物とイス:長時間見るならパラソルと地面に敷ける布地とクーラーボックスがあれば場所取り出来て快適。

虫よけ、かゆみ止め:湿地帯が近いので虫に刺されます。虫よけスプレーやかゆみ止めパッチは役に立ちました。

連写が出来るカメラ

行き方


私たちはマドリードから640キロ、エストレマドゥーラ街道を途中寄り道をしながら8時間ほど車で移動。

飛行機

へレス・デラ・フロンテーラが一番近い空港。シェリー酒の産地とアンダルシアン種の馬のショーで有名。空港からへレスの中心部にバスで移動した後LINESURの路線バスでサンルーカルへ。

バス

へレス、セビージャ、カディスから路線バスが出ている。

鉄道

へレス・デラ・フロンテーラが一番近い鉄道駅。へレスからはバスかタクシーを利用。距離26キロ車で30分なのでタクシー料金も30ユーロ程だと思う。2~3人いれば時間の節約にへレスからタクシーも良いと思う。

最後に


馬が大好きで綺麗なサラブレッドがビーチを走るなんて素敵な競馬でした。ただ一つ後悔は写真を撮るのに夢中で自分の目でしっかり競馬を楽しまなかったことかなあ。もう一日残ってみればよかったかもと、ちょっと後悔。でもとっても楽しい経験でした。また行きたいお祭りです。

<トマティーナ>トマト祭りは毎年8月最後の水曜日です

2017年トマティーナ行ってきました。

 

言い切れることはこんなクレイジーなお祭りは他にはないという事。96カ国以上から22000人の老若男女が入り乱れ誰彼構わずトマトを投げ合う。最初のトラックが見えた時の感動は筆舌に尽くせない。ウォーと地響きのような歓声が上がり地面が揺れたかと思った。

トマティーナ

自分は割と冷静な方だと信じていた。感情に負けて突発的な行動はあまりしない方だ。スマホとカメラの2つ持ちで何枚か写真を撮りこの場を立ち去るつもりだった。音を立てて何かが崩れ落ちたのは顔面にパシッとトマトの直撃を受けた時、頭の中でゴングが鳴った。その後の事はあまり覚えていない。大事なカメラとスマホを安全なところに確保して「これは戦いじゃ~」と神の声が聞こえた。

トマティーナ

顔が勝手に笑ってる。とにかく楽しい。トマトに沈んで明日が来なくてもかまわないと思った。来年は行かないと信じて行ったけど来年は激戦区で戦おうと今本気で考えています。

トマティーナ

バレンシア州ブニョル

バレンシア州にあるブニョル。普段は誰も気に止めない田舎の村。ここは毎年8月最終水曜日に世界中からやって来る2万人以上の老若男女でトマティーナの戦場となる。始まりは前日の夜から。仮設遊園地や屋台が立ち並び人口9700人ほどの小さな小さな町はそわそわし始める。バトルの激戦区に住んでいる人々は台風の前のように家の外にビニールを張ったり板をつけたり被害が最小で終わるための工夫をする。

<バトルが始まる直前に準備を始めるセニョールたち>

トマティーナ

トマティーナの歴史

「トマティーナ」の歴史は実はよくわかっていなく諸説ある。はじまりは1945年最後の水曜日だった。村祭りの日に若者たちがケンカをはじめ丁度そこの野菜売りのスタンドにトマトがあったのでそれを投げ合った。過激な先導者たちは逮捕されるも翌年の8月の最後の水曜日、例の若者たちは広場に集まり各自持参して来たトマトで再びりバトルを始めたのだ。当局はその後毎年同じ日に行われる戦いに苛立ちトマトの投げ合いを禁止した。にもかかわらずトマトの戦いは過激化していく。1957年ついに当局は祭りの禁止を宣告。破った場合は「懲役刑」とブニョル市民に言い渡す。対抗する市民たちは棺桶にトマトを入れトマトの埋葬の行進を行い抗議した。これに驚いた当局は祭りを合法化し1959年以来街の公式の祭りとなり「ラ・トマティーナ」と呼ばれるに至る。

<トマトの埋葬・当時の新聞記事>

トマト祭りトマトの葬式

トマティーナの始まりは午前9時

市役所の真ん前の激戦区のど真ん中。パロ・ハボン<Palo Jabon>がまず行われる。棒に石鹸がたっぷり塗られその上に生ハムがぶら下がっている。石鹸で滑る棒によじ登って生ハムを奪い合う。滑るし下から引っ張られるし上に載って来るしまるで<芥川龍之介・蜘蛛の糸の世界>だ。放水されたり上から水かけられたり散々な目に逢いそれでも誰かが生ハムを手にするか・・・又は誰も勝利者がいないか。この狂気に参加したい場合は早めに近くに行く事。もちろん踏みつけられ引っ張られ乗られるのは当然。もし生ハムを手にしたら英雄の名誉だけは待っている。これが終わるとトマテ(トマト)、トマテ(トマト)の大合唱が始まる。もうこの段階で激戦区からの脱出は絶対無理なのであきらめてこの場で沈没です。トマトの中で沈んでいくのもトマティーナの醍醐味かもしれません。たったの1時間あきらめましょう。

トマティーナ会場

入場券<ブレスレット型>の色によって入口は2か所に分かれている。駐車場又は駅から20分ほど。地図の赤い矢印の所は始まった後何度も出入り自由。それ以外の通路は地元の住民用の出入り口。下記の矢印に向かって歩いていく。

トマティーナ

本番トマティーナは11時から1時間だけ

生ハムが早く誰かの手に落ちた場合民衆のトマトを求める合唱が高まると予定よりも早めに始まることがある。10時30分頃には自分の場所を決めておこう。(が、この時間にはすごい人で自分の意志では動けない)

 

<トマティーナの決まり>

①トマトは潰して投げる(しかし飛んでくるのは潰れてない)

②人の服を破らない(だが引っ張られまくる)

③終わりの合図でやめる(でも終わっても地面からトマトを拾って飛んでくる又は地面のトマトジュースを頭からかけられる)

 

トマティーナは2013年から有料になりました。入場制限が出来たので以前よりは人数が減り安全が確保された感じです。それまでは4万人とかだったので今の倍の人で激混み状態。2万2千人に減ったとはいえ朝の山手線か御堂筋線位のギュウギュウの所にトラックがやって来てさらにモミクチャにされ圧死するか足が浮く又は踏みつけられるか。あ、一番気をつけないといけないのはトラックに轢かれて死なない事。死ぬならトマトで。

トマティーナ

広告

トマティーナ終了後

駅に行く道で無料で村人がホースでトマトまみれの体に水をかけてくれて綺麗にしてくれる。有料の所もありますが今年は1ユーロでした。昨年は3ユーロだったので反省したみたい。駅のシャワーは電車の切符を持っている人のみ。

終わると放水車がやって来て町中綺麗に洗い流されます。あっという間に町は平静を取り戻しさっきまでの狂気は夢だったのかと思うほどのスピード。スペインの凄い所のひとつです。やる時はやるッ、本気出せば凄いんだ。

トマトまみれのTシャツやスニーカーなどは駐車場に捨てていくと後からくロマやアフリカの難民の人達が回収していきます。ごみ箱に捨てるとごみになるけどその人たちが持っていくと何がしかのお金になるので究極のリサイクルです。捨てていく行為に日本人的な罪悪感を感じますがそこに置いて行くか回収している人見つけたらあげて下さい。

トマティーナ持ち物

トマティーナ持ち物

①靴はスニーカーの捨てていいもの。サンダルだと脱げてなくなるので絶対ダメ。

②ゴーグル>トマトが目に入って痛くなります。(マンサニージャというお茶のティーバック買っておくといいです。炎症を抑えるアズレンが入っている。水に入れて少し出たらそれで目を洗う)

③水着とかも捨てても良いもの。匂いが取れないんです。

④カメラのハウジング>写真撮っているとカメラにトマトを投げつけられ市民に放水されます。

⑤防水の貴重品入れ>首から下げるか体の中に巻き付けるタイプ。それをさらにTシャツの中へ。ポケットに入れたお金や携帯電話は絶対なくなる。(駅から会場に行く間で売っている)

⑥ウェットティッシュや捨てても良いタオル>終わった後ホテルがある人は良いけど移動する人が多いと思うので。きれいに洗っても体のどこかからトマトが出てくる。耳とか頭とか。

⑦着替え、下着やシャツ。乾いた衣服に着替えられるようにする事。帰りの電車とかバスで凍えます。女性はズドンとしたワンピースがあると場所が無くても着替えやすい。タオル巻くより落ちてこなくていいです。

⑧防寒着や靴下>夏のスペインの朝夜は冷え込みます。夏の服だけだと絶対寒い事がある。

⑨ビニール袋。スーパーのでも何でもいいので濡れた物を入れておける。

⑩ガムテープ。意外と色々使えました。

⑪ペットボトルのお水。水は貴重だ。頭からかぶったり手を洗ったりできる。途中のバルやお店で買える。

⑫最後に一番大事な「楽しむゾッ」という気合も忘れずにお持ちください。

 

 

トマティーナ注意事項

トマティーナ地図

 

①激戦区の真ん中あたりは始まるとそこから抜けられなくなる。特にそのあたりに乱暴なグループが陣取っていてTシャツを破られたり奪われたりする。周りの人の状況を良く見て安全そうな人の地区に自分の居場所を確保。真ん中からは少し離れたところのほうが良いでしょう。あ、もちろん最高な体験したい方は何が何でも真ん中をお勧めします。

②残念なことにトマティーナには時々チカンも泥棒もいるので注意が必要です。ヨーロッパの女子はかなりワイルドなのでやられたらやり返す又は蹴りを入れる位します。ポケットにお金入れていると間違いなく消えています。首からぶら下げたスマホも切られて消えていた人も居ます。

③トラックは上の地図の赤い線の左から右に移動するので右の端の方にいるとトマトは残っていないかも。「いってQ」で宮川大輔にトマトが来なかったのはきっと右の下の方にいたのです。

④始まる前から水が飛んでくる(市民が放水する)のでカメラや携帯にかからないよう注意。バケツで頭からかけられたり建物の上からホースでかけたりが延々と続く。踊り始めている人も居てこれで燃え尽きないように。そして寒い、頭から水浸しです。

⑤貴重品は宿泊ホテルのセーフティーボックスとかTシャツの中に防水状態で工夫。ガムテ―プで貼りつける等。ポケットのお金が消えたケース続発です。スマホの盗難も多いので注意。パスポートのコピー必ず持っておきましょう。

⑥入口で手荷物検査があります。リュック、大型カメラ、自撮り棒、ビン等は有料の荷物預り所に置いていたカバンからお金が消えたケースがあります。

⑦暫くはガスパチョ見たくもなくなるので始まる前に沢山飲んでおく。

ガスパチョとトマト

行き方

スペイン各地からバレンシアに向かいバレンシアからスペイン国鉄でブニョルへ入れます。

①バレンシア・サン・イシドレス駅から近郊線 セルカニアスCercanias (C3)45分から50分でブニョルへ。朝6時35分から22時まで頻繁に走っている。ブニョルの駅から中心部は徒歩で15分。トマティーナ当日はたくさんの人が既に戦場へ向かっているのですぐわかる。

②マドリード、バルセロナ、バレンシアから「現地の日本の旅行会社(みゅう)」がトマティーナ入場券付のツアーを出しています。マドリードから乗って帰りバルセロナ行きにも(又はその逆)乗れるので移動も兼ねると非常にお得。宿泊付きプランもあるのでホテルを自分で探さなくて済む。色んなインフォも貰えるし仲間も出来る。バスに荷物を置いていけるし色々教えてもらえる。みゅうの前夜祭に行くとトマティーナの事を色々教えてもらえる。

{みゅう}のサイト http://www.myushop.net/tomatina

③個人で行く場合ブニョルに宿泊すれば一番快適ですがホテルは少ししかないので予約は早めに。トマティーナ前夜祭や終わった後のトマトの埋葬とか楽しめるはず。

いずれにしても行くと決めたらフライトとホテルは早めに予約しましょう。トマティーナに近づくほど値段は高くなり予約はいっぱいになります。

 【Booking.com】世界のホテル割引予約

飛行機は最低前々日にスペインに入れるように取りましょう。飛行機というのは意外とトラブルが多い。乗り継ぎの失敗、ストライキ、フライトキャンセル、天候、ロストバゲッジ。前日到着だと何かあると間に合いません。

トマティーナ参加チケット

チケットはネットで買うことが出来ます。4月頃から販売開始。毎月ごと現定数販売なので4月に全部売り切れたりはしない。でも行くと決まったら早めに購入。

<トマティーナオフィシャルサイト>

広告

 

 

スペイン人のお祭りにかける情熱には驚くばかり。私はお祭りが大好きで色々行くけど究極の<参加型祭り>はトマティーナ。牛追いもあるけど参加するには危険すぎる。

トマティーナ

まだ来年の夏の予定が決まっていないあなた。トマティーナでモミクチャにされませんか?