マドリッドで美味しいパエリア専門レストランのご紹介 カサ・バレンシア

パエリアは日本からマドリードにお客様や友人がくると「本場で食べたい!」とリクエストの多いメニュ―です。実はスペイン中どこでもパエリアがあるわけではなくお米の産地バレンシアの家庭料理なので地域によっては無い街もある。日本でどこでも美味しい蕎麦やうどん、お好み焼きがあるわけではないのと同じ。マドリードやバルセローナ等大都会ならパエリア専門店が有る。基本パエリアはパエリア専門店=Arroceria又はマリスケリア=Marisqueria(魚介類レストラン)でいただきます。時々街の庶民的なレストランでお昼の定食に出ていてエライ美味しいときも結構ある。中心部のトゥーリスティックなバルに写真付きで置いてあるのはインスタントのパエリアなのであまりお勧めしていません。

マドリッドでパエリア


マドリードに何軒か古くからある有名パエリア専門店は4軒。何語で検索してもマドリードでパエリアならこれら4軒のパエリア専門店が出てくるはず。それぞれレストランの公式ページを参考にしてください。今日はマドリード、スペイン広場近くのカサバレンシアを紹介。
*La Baracca,(ラ・バラッカ) ラ・バラッカはグランビアのロエベのすぐ後ろ
*L`Albuera,(ラルブフェラ) 、ラルブフェラは北の方にあるメリアホテル内
*Paella Real (パエージャ・レアル)、パエージャ・レアルはオペラ座のすぐ横
そして今日ご紹介するCasaValencia(カサ・バレンシア)となります。ウェブページは最後の方に入れてあります。実は個人的に私が一番好きなのは上の3軒真ん中のラルブフェラ、次がこのカサ・バレンシアです。どちらも地元の人達がいつも来ている老舗店。旅行中の皆さんはマドリード観光中で行きやすい所で予約を入れるといいと思います。
今日ご紹介するCasa Valenciaはスペイン広場から歩いて15分くらい、エジプトの神殿(Templo de Debod)の近くです。今日はお仕事でカサ・バレンシアに来たのでここのパエリアをご紹介いたします。この地区マドリードでもちょっと上品な良い住宅街で地元の常連さんでいつもいっぱいです

 

知らない街で美味しいところ探す時、なるべく地元の人に支持されているレストランに行くのが確実ですね。
パエリア専門店行く前に
*パエリア専門店はお客様の注文が出てから作ります。約20分~30分かかるのでパエリアを注文したら前菜をゆっくり楽しみましょう。
*パエリア専門店でパエリアの注文は最低2人前からなので1人前では注文できません。スペイン人の2人前なので量が多いのは覚悟しましょう。2人前を3人や4人で分けるのは問題ありません。ただレストランに失礼が無いようにある程度の金額になるよう他の物やワイン等をきちんと注文しましょう。
*パエリアだけを頼むのはあり得ません。前菜に何かを注文しましょう。デザートはパエリアが終わった頃に聞きにくるので必要ないなら断っても大丈夫。

前菜にタコとムール貝


私たちはパエリアを3人で2種類試す事にして待つ間にカバ(発泡性白ワイン)と前菜にタコとムール貝のワイン蒸しにしました。
ドリンクの注文の仕方
席に座ったらまず飲み物を聞かれメニューを渡される。
スペイン語でQue desea tomar? =ケ・デセア・トマール,Que desea beber?=ケ・デセア・ベベール等何を飲みますか?
<例>
ガスなしと水と赤ワインをごボトルでください
Agua sin gas y bottella de vino tinto por favor
アグア・シン・ガス・イ・ウナ・ボテージャ・デ・ビノ・ティント、ポルファボール。
カバをボトルで一本ください
una botella de cava por favor
ウナ・ボテージャ・デ・カバ、ポルファボール。
ガスなしのお水を一本下さい
una botella de agua sin gas por favor
ウナ・ボテージャ・デ・アグア・シン・ガス・ポルファボール。
ビールを二本下さい
dos cervezas por favor
ドス・セルベッサす・ポルファボール
前菜の注文の仕方
ガリシア風タコ  pulpo ala gallega  プルポ・ア・ラ・ガジェガ
ガリシア風タコ
とムール貝のワイン蒸し mejillonnes al vino メヒジョネス・アル・ビノ
ムール貝
今日はタコのガリシア風とムール貝をシェアーしていただきます。
スペイン語で
queremos una de pulpo ala gallega y mejillones a compartir por favor
ケレモス・ウナ・デ・プルポ・アラ・ガジェガ・イ・メヒジョネス・ア・コンパルティール、ポルファボール。

 

パエリアの注文


パエリアはイカ墨と魚介ミックスで頂きました
パエリア
パエリアは専門店の場合基本最低2人前からの注文。中心部で1人前からある所はインスタントです。お客様が注文してから作るので最低注文してから20~30分かかります。待っている間に食前酒や前菜をゆっくり楽しみましょう
写真のこういう形で2種類にするには4人前頼む必要があります。そしてスペインの1人前は随分多いですが仕方がない。4人以上で行けば魚介類2人前とイカスミ2人前で写真の様に2種類のパエリアを楽しめます。
パエリア専門店に行くとお米料理が何種類もありメニューを見ても良くわからない場合は魚介のパエリア とイカスミごはんが定番です。
魚介のパエリア=Paella de mariscos(パエリア・デ・マリスコス)
イカスミごはん=Arros Negro(アロッス・ネグロ)
スペイン語で
Vamos a pedir~バモス・ア・ぺディール=~を注文します
魚介のパエリア2人分を注文しますVamos a pedir Paella de mariscos para dos.
バモス・ア・ぺディール・パエジャ・デ・マリスコ・パラ・ドス。
イカスミごはんを2人分注文しますVamos a pedir Arros Negro para dos.
バモス・ア・ぺディール・アロッス・ネグロ・パラ・ドス。
魚介とイカスミごはんをシェアーしていただきます。Vamos a pedir paella de mariscos y Arros Negro a compartir.
バモス・ア・ぺディール・パエジャ・デ・マリスコス・イ・アロッス・ネグロ・ア・コンパルティール。

住所、時間、最寄り駅など

住所 Paseo del Pintor Rosales,58メトロ 3号線 Aruguellesから10分
電話 915441747
営業時間 13~16:00  20:30~23:45 休み 日曜夜
レストランの公式ウェブページです。

 

最後に

マドリードで美味しいパエリアを食べるなら紹介した4軒が昔からの老舗で失敗なし。問題は本格的にパエリアを食べたいなら最低2人前からの注文で量は多いという事。実は日本人には日本で食べるパエリアの方が美味しいと感じるのかもしれないと常々感じているがこの4軒は美味しいです。buen apetito!