サン・セバスチャン 世界一の美食の街

サン・セバスティアン

バスクにサン・セバスチャンという小さな人口18万人くらいの街があります。

その小さな街の30キロ以内にミシュラン星付きレストラン約30件

人口比星付きレストランが1番多い街だそうです。
バスク語では「ドノスティア」が街の名前

 

サンセバスティアン、バルの看板
ピレネー山脈とビスケー湾にギュッと囲まれた美しい街で
入江は貝殻の形をしていてその名も「ラ・コンチャ」=「貝殻」
近くの丘に登ると地形が良くわかる。

 

サンセバスティアン

ヌエバ・コシーナ

19世紀にスペインの上流階級の人達が避暑にやってくるようになった。
別荘が出来、ホテルが作られ、料理人が必要になり始めは地元の主婦や
小さな定食屋のコック達が腕をふるっていた。

もともと海あり山あり食材の豊かな土地。美味しいものを食べる事にかけては元々定評の地域。写真はアルザックの前菜。お皿に盛られたアートです。
アルザック前菜アルザック前菜アルザック
フランスの「ヌーベル・キュイジーヌ」流行の頃この街出身の若い料理人達がその洗礼を受け
修行をして「ヌエバ・コシーナ」として新しい料理を開発し発表。

 

更にカタルーニャのジローナに有った「エル・ブジ」のオーナーシェフ「セニョール・アドリアン」が日本の懐石料理に夢中になり日本の「旨味」「タタキ」「ユヅ」等が紹介される。

ちなみにこのアドリアンさん。お店は超人気で「予約が最も取れないレストランNo.1」だったのに突然お店を畳んで「もっとお料理の研究がしたい」と引退。

今ももしかして日本の何処かで美味しい物を食べて研究しているかも。

凄いのはさすがスペイン、横の連携。

レシピを秘密にせず公開してみんなで切磋琢磨しみるみるあっという間に世界一の美食の街になった。

 

「分子料理法」や「温度調理」
今までに無かった概念、料理法がどんどん開発されそのレシピはすぐに公開され共有される。

 

星付きレストランは日曜、祝日お休み。8月はしっかり従業員を休ませバカンスに入る。
「掻き入れ時」なんて感覚は全く持ち合わせていません。
休みはしっかり取って美味しい物を研究し提供する姿勢は
全くブレていなくて徹底している。
レストラン業を「商売」だと思っていないんだと思うんです。
これは「アート」なんだと。

お金に支配されない「美学」を持っている。

バルのレベルがすごい

旧市街にはバルが所狭しと並んでいてそのレベルは高級店並み。
ピンチョスやタパスと言われる小皿料理を低価格で楽しめる。

 

バルのタパスサンセバスティアンのバルサンセバスティアンのバル
こんな街世界他にどこかにありますか?

市場

時間あったら市場もおすすめです。
Mercado La Brexa

 

市場 la brexa
市場魚売り場
魚売り場の展示
これって生け花に近いものかも。

行き方

バス

alsa    空港ターミナル4-アベニーダ・アメリカから5時間30分

アベニーダ・アメリカ発  8:00,9:00、11:00、13:00、15:00、16:00、17:00、   19:00、21:30、23:30                                          値段36.45ユーロ~52.55ユーロ

時間と値段は2017年6月現在。変更あるのでalsa のページから確認してください。切符も買えます。下がバス会社のページ。

https://www.alsa.es/rutas/madrid-san-sebastian.htm

飛行機

ターミナル4からイベリア航空又は子会社エアーノストラム1時間15分マドリッド発8:05,9:20,11:45,15:35,19:10,20:05 値段は片道70~379ユーロ早めに探すと格安で購入できることも。イベリアで日本からマドリッドならオントゥーがつけられるので購入旅行会社に相談してください。一応イベリア航空のウェブページ

http://iberia.com

トリップアドバイザーでおいしいお店のを口コミ

TripAdvisor (トリップアドバイザー)
バスクについての記事はこちら スペインは多民族国家。バスク人が住むパイス・バスク