サン・セバスチャン・美食の街の歴史と美味しいおすすめバル4軒、港の漁師のレストラン

サンセバスティアン
広告

スペイン北部にバスク人が住むバスク地方がある。スペイン人がやって来る前から住んでいた民族がバスク人で話している言葉はバスク語。そのバスク地方にサン・セバスチャンという小さな人口18万人くらいの街があります。その小さな街の30キロ以内にミシュラン星付きレストラン約30件。人口比星付きレストランが1番多い街だそうです。バスク語では「ドノスティア」が街の名前。美食の街の歴史と美味しいおすすめバルについてです。

 

サン・セバスティアン

サン・セバスティアンはピレネー山脈とビスケー湾にギュッと囲まれた美しい街で入江は貝殻の形をしていてその名も「ラ・コンチャ」=「貝殻」。近くの丘モンテ・イゲルドやモンテウルグルに登ると地形が良くわかる。

<サン・セバスティアンのモンテイゲルドからコンチャ湾>

広告
サンセバスティアン
筆者撮影

ヌエバ・コシーナの歴史

ヌエバ・コシーナは新しい料理という意味。19世紀にスペインの上流階級の人達がサン・セバスティアンに避暑にやってくるようになった。別荘が出来、ホテルが作られ、料理人が必要になり、始めは地元の主婦や小さな定食屋のコック達が腕をふるって食事は美味しいと定評があった。

もともと海あり山あり食材の豊かな土地。美味しいものを食べる事にかけてはサン・セバスティアンは定評の地域だった。写真はアルザックというミシュラン星付きレストランの前菜。お皿に盛られたアートです。

<アルザック、ミシュラン星付きレストラン>

アルザック前菜
筆者撮影

<アルザック>

アルザック前菜
筆者撮影

<アルザック>

アルザック
筆者撮影

 

フランスの「ヌーベル・キュイジーヌ」流行の頃にサン・セバスティアン出身の若い料理人達がその洗礼を受け、修行をして「ヌエバ・コシーナ」として新しい料理を開発し発表。

 

更にカタルーニャのジローナに有った「エル・ブジ」のオーナーシェフ「セニョール・アドリアン」が日本の懐石料理に夢中になり日本の「旨味」「タタキ」「ユヅ」等が紹介される様になった。

ちなみにこのアドリアンさん。お店は超人気で「予約が最も取れないレストランNo.1」だったのに突然お店を畳んで「もっとお料理の研究がしたい」と引退。今ももしかして日本の何処かで美味しい物を食べて研究しているかも。

サンセバスティアンのコックたちが伝統の料理に新しいエッセンスを使い話題になった。凄いのはさすがスペイン、横の連携。レシピを秘密にせず公開してみんなで切磋琢磨しみるみるあっという間に世界一の美食の街になった。「分子料理法」や「温度調理」今までに無かった概念、料理法がどんどん開発されそのレシピはすぐに公開され共有される。

 

サン・セバスティアンの星付きレストランは日曜、祝日お休みが多い。さらに8月はしっかり従業員を休ませバカンスに入る。「掻き入れ時」なんて感覚は全く持ち合わせていません。休みはしっかり取って美味しい物を研究し提供する姿勢は全くブレていなくて徹底している。レストラン業を「商売」だと思っていないんだと思うんです。これは「アート」なんだと。お金に支配されない「美学」を持っている。

バルのレベルがすごい

旧市街にはバルが所狭しと並んでいてそのレベルは高級店並み。ピンチョスやタパスと言われる小皿料理を低価格で楽しめる。

 

サンセバスティアンのバル
筆者撮影
サンセバスティアンのバル
筆者撮影
バルのタパス
筆者撮影

市場

時間あったら市場も見に行ってみましょう、おすすめです。旧市街の入り口に地下に降りていくと地元の人がお買い物にくる市場がある。メルカード・ラ・ブレチャMercado La Brexa。昨日行ったバルの人がお買い物していたりしますよ。

<サンセバスティアン・市場>

市場 la brexa
筆者撮影

<サン・セバスティアン・市場>

市場魚売り場
筆者撮影

魚売り場の展示、様々な新鮮な魚、ヒラメやアンコウ、メルルーサ、カニやエビなど。こ展示の仕方が凄い、これって生け花に近いものかも。

コンチャ湾

サン・セバスティアンの綺麗な海岸線が貝殻の形をしていて19世紀に上流階級の人々がやって来て避暑地として過ごした。海岸線を朝や夕方お散歩する人達がいつも絶えません。

<コンチャ湾と向こうに見える丘がモンテ・ウルグル>

サンセバスティアン、ウルグル山

モンテ・ウルグル

サンセバスティアンはコンチャ湾をはさんで二つの丘に挟まれている。そのひとつがモンテ・ウルグルでこ港の上にキリスト像がある要塞の有る小高い丘。

行き方

徒歩15分、こんな軽い山道を登って行きます。軽い山登りになります。

サンセバスティアン
筆者撮影

旧市街の港の近くから矢印が有るので歩いて登る。分かれ道が沢山あるけれどとにかく上って行けばキリスト像の有る要塞まで行くことが出来ます。

モンテ・イゲルド

ウルグル山の反対側にモンテ・イゲルド(イゲルド山)がある。山の上に遊園地とホテルがある。

<モンテ・イゲルドからのコンチャ湾>

コンチャ湾、イゲルド山
筆者撮影
行き方

*ケーブルカーFunicular

11時から20時頃(注意*曜日や季節によって10から始まる日や18時に終わることもあります)

片道1、75ユーロ 往復3、15ユーロ

*タクシーで10分 10ユーロから15ユーロ位。遊園地に入るため入場料一人2,20ユーロ別途必要。

旧市街のバル

どこで食べても美味しいですが何軒か美味しいおすすめバルを紹介しておきます。木曜日は割引デーで各バルがお得なセット等をやっています。スペインでは何軒か梯子をするのが基本。今日紹介するお勧め4軒と港のレストランで2日間位食べ比べで楽しんでください。

Gandaira

サン・セバスティアンの老舗の中の老舗です。なんといっても絶対おすすめのバルで何をいただいても間違いなく美味しいです。サン・セバスティアン映画祭の時は有名人が必ずやって来るお店で手前はバル、奥はレストランになっています。一番有名なのは美味しいお肉エントレコットは絶品、生ハムもイベリコのホセリートという最高級の物で他にも頼みたくて沢山は無理な場合ハーフ・ポーション(スペイン語でメディオ・ラシオン)もあります。

ガンダイラのバルはいつも人気でいっぱい。椅子が無いバルで混んでいても頑張って入って行きましょう。カウンターにピンチョが並んでいるのでお皿をもらって好きなものを取りましょう。飲み物を頼む時に名前を聞かれるのでお皿を見せてどれを取ったかレジに打ち込んで追加分も一括に最後にまとめて会計出来ます。

<サン・セバスティアンおすすめバル・ガンダイラ>

サンセバスティアン
筆者撮影

カウンターに乗っているピンチョ以外の暖かい料理は黒板に手書きで書かれている物を注文です。

<サン・セバスティアンおすすめバル・ガンダイラ>

サンセバスティアン
筆者撮影

<サン・セバスティアンおすすめバル・ガンダイラ>

サンセバスティアン
筆者撮影
Gambara

バルは梯子をするのが基本です。2軒目のおすすめバルは直ぐ近くにあるガンバラ。地元サンセバスティアンの地元お客さんがいつもいっぱいいるのは絶対美味しいから。椅子が少しだけあります。

<サン・セバスティアンおすすめバル・ガンバラ>

サンセバスティアン、バル
筆者撮影

ガンバラはキノコが有名。入ったところはバルで地下に本格レストラン。

<サン・セバスティアンおすすめバル・ガンバラ>

サンセバスティアン、バル
筆者撮影

人気はボレトゥス アラ プランチャ(boletus ala plancha) キノコのソテーに卵が落としてある。これを混ぜていただきます。

<サン・セバスティアンおすすめバル・ガンバラ>

サンセバスティアン、バル
筆者撮影
Cuchara de San Telmo

最初のガンダイラのすぐ近くです。ここクチャーラ・デ・サン・テルモはサン・セバスティアンの星付きレストランで出す様な凝った料理をバルで小皿で色々出している。どれもとっても美味しくておすすめバルです。もともと下で紹介する別のバルBorda Berriにいたオーナーシェフが分かれて出した店舗。お客さんは地元の人よりイギリス人が随分多いのは本か何かで紹介されたのかもしれません。いつも劇混みで日本人的は少し怯みますが大丈夫、小皿料理2皿くらい食す時間、あまり長居はしないので頑張って入りましょう。

<サン・セバスティアンおすすめバル・クチャーラ・デ・サンテルモ>

サンセバスティアン、バル
筆者撮影

メニューは黒板に手書き。わからない場合は周りの人の食べている物を教えてもらいましょう。子豚や子牛の頬肉など凝ったお料理が沢山有ります。小皿とはいえ一皿いただくとお腹いっぱいになります。

<サン・セバスティアンおすすめバル・クチャーラ・デ・サン・テルモ>

サンセバスティアン、バル
筆者撮影

<サン・セバスティアンおすすめバル・クチャーラ・デ・サン・テルモ>

サンセバスティアン、バル
筆者撮影

上の写真はクチャーラデサンテルモのラビオリ。写真が無くて残念ですが他におすすめは子牛の頬肉=カリジェラ・デ・テルネラ。これは高級レストランでいただく一皿です。

Borda Berri

今はクチャーラ・デ・サン・テルモが随分有名で人気がありますが元はボルダベーリから始まりました。高級レストランで出るような凝った料理をミニアトゥール(ミニサイズ)にして出した最初のバルです。サンセバスティアン美味しいおすすめバルです。

<サンセバスティアンおすすめバル・ボルダ・ベッリ>

サンセバスティアン、バル
筆者撮影

店内は非常に狭くカウンターのみ。黒板に手書きのメニューです。リゾットや魚、お肉どれも繊細な味で大変美味しいです。写真はフォアグラ。

<サン・セバスティアンおすすめバル・ボルダベッリ>

サンセバスティアン
筆者撮影

ここのおすすめはフォアグラ(上写真)です。小さな一皿なので日本人なら2人で分けて丁度いい。

 

港の方に出ると漁師がやっているレストランがあります

上で紹介したモンテ・ウルグルの真下にサンセバスティアンの漁港があります。港沿いに漁師たちがやっている魚介類レストランが何軒か並んでいます。今紹介したバルから歩いて10分です。海があれている時期は閉まっていたりオフシーズンはやっていない事も。

サンセバスティアンの漁港

サンセバスティアン
筆者撮影

サンセバスティアンの港沿いに何軒かレストランが並んでいます。どこでも美味しいですよ。

サン セバスティアン
筆者撮影

イワシは季節もので無いときもありますが絶品。

<イワシはスペイン語でサルディーナス>

サンセバスティアン
筆者撮影

チャングーロはおすすめ料理でカニの味噌とカニの身をほぐしてグラタンの様にしてあるサンセバスティアンの料理です。

<チャングーロ>

サンセバスティアン
筆者撮影

行き方マドリードから

バスか飛行機か鉄道

バス

alsa    空港ターミナル4-アベニーダ・アメリカから5時間30分

アベニーダ・アメリカ発  8:00,9:00、11:00、13:00、15:00、16:00、17:00、   19:00、21:30、23:30                                          値段36.45ユーロ~52.55ユーロ

時間と値段は2017年6月現在。変更あるのでalsa のページから確認してください。切符も買えます。下がバス会社のページ。

https://www.alsa.es/rutas/madrid-san-sebastian.htm

飛行機

ターミナル4からイベリア航空又は子会社エアーノストラム1時間15分マドリッド発8:05,9:20,11:45,15:35,19:10,20:05 値段は片道70~379ユーロ早めに探すと格安で購入できることも。イベリアで日本からマドリッドならオントゥーがつけられるので購入旅行会社に相談してください。

ビルバオからバスで1時間

ビルバオのサンマメスサッカー場の近くにバスターミナルがあり頻繁にサンセバスティアン行きのバスが出ています。直行便1時間35分、時々村を経由する路線に乗ると1時間45分。少し遠回りですが小さな村も見ることが出来て楽しい。

 

広告

まとめ

世界遺産があるわけでもなく有名美術館があるわけでもないサンセバスティアン。食で世界中の人々を引き付ける魅力的な街です。山と海に囲まれた小さなバスクの街。一度行くと絶対虜になります。何泊かするのならフランス寄りにオンダリビアという小さな街に行ったり国境を越えてフランス・バスクの街を訪ねたりするのも良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です