「カトリックやプロテスタントに東方教会」いまさら聞けないキリスト教のお話

カトリックとプロテスタントや東方教会等ヨーロッパを旅するとキリスト教の知識は有った方が旅は深まる。いまさら聞けないキリスト教の基礎知識をまとめてみた。

キリスト教の東西分裂


もしもイエス・キリストが現代に復活して今のキリスト教世界を見るときっと誰よりも驚くだろう。こんなにキリスト教は複雑になってしまった。

象牙のキリスト像
筆者撮影、マドリード国立考古学博物館

東西教会って?


東方教会=正教会又ははビザンチン教会とも呼びギリシャ正教、ロシア正教、グルジア正教、ルーマニア正教等東ヨーロッパ各派。

西方教会=カトリック教会、各プロテスタント教会の西ヨーロッパ各派

 

キリスト教会の東西分裂


古代ローマ帝国が東西に分裂してしまったことがキリスト教にとっての大きな問題の始まりだ。既にイエス・キリストが処刑されてから360年程立っている頃ローマ皇帝コンスタンティヌス帝がローマの首都をローマから移動させ現在のトルコのイスタンブールに自分の名前が付いた町「コンスタンティノープル」を作った。

その少し後にローマ帝国は東西に分裂し(395年)、更に476年にゲルマン民族の大移動により西ローマ帝国が滅亡した。

ローマの分裂
C.C 3.0世界の歴史マップ

分裂した状態でそれぞれのキリスト教世界は存続したが交流が無いままで教義や考え方や礼拝の仕方に違いが出てきた。これが東西キリスト教会の決別の始まり。

東ローマ(ビザンツ帝国)の聖像禁止令

この両者の対立が決定的になるのが聖像禁止令。地理的にもイスラム圏に近い東方教会はイスラムの偶像を禁止する影響を受け皇帝レオン3世が聖像禁止令を発布。

*この頃シリアをウマイヤ朝が支配しコンスタンティノープル包囲戦を行っていた。同時期にイベリア半島にイスラム教徒がやって来てイスラム化する。

*皇帝レオン3世はウマイヤ朝の度々の侵攻を食い止めた軍人。

西ローマとゲルマン民族

西ローマ帝国はゲルマン民族の大移動によりゲルマンの国家がいくつも作られた。教会は彼らにキリスト教を布教するにも言葉が違い字が読めない。ゲルマン民族にイエスの生涯やキリスト教の教義を教える為絵画や彫刻を使って布教する必要があった。

バレンシア、サンニコラス教会
筆者撮影

*ゲルマン民族は字が読めない人が多かった。

*聖書はギリシャ語やラテン語で書かれていた。

*絵によって聖書を教えて行く必要があった。

御互いの破門

1054年に教義の違いから互いに破門しあうという事件が有った。カトリックと東方正教会が本気で決裂した。

*東方教会と西方教会の教義の違いが大きくなったいた。

*東方教会に教義の違いに異議を唱える為の使節「フンベルと枢機卿」が訪れたが9か月待たされた。

*気分を悪くしたフンベルト枢機卿は東方教会に破門状を叩きつけた。

*東方教会もフンベルト枢機卿とその一行に破門を宣言した。

<破門は最高の恐怖だった>

破門はキリスト教会にとって最大の罰だった。結婚や仕事もキリスト教会のもとにあり死後の埋葬の権利まで無くなった。もちろんその後の永遠の魂は行先を失う最大の恐怖がキリスト教徒の破門だった。

東西教会の違い

*キリスト像やマリア像絵画や彫刻に向かって祈るのがカトリック。

*東方教会はローマ教皇を否定。

*東方教会・正教会において現在名誉上の首位にあるのは全地総主教の称号を持つコンスタンティノーポリ総主教だが東方教会全体のトップではない。

*「精霊は神のみから出る」のが東方教会で「神と子(イエス・キリスト)」から出るのがカトリック

*煉獄を否定するのが東方教会で認めるのがカトリック(煉獄はこの世から天国い行く前に一時的に過ごす場所で自分の為に祈ってくれる人がいれば早く天国へ行ける)

*聖母マリアの無原罪の御宿りを認めるのがカトリック

その他ミサのやり方や洗礼の仕方、聖書の理解や教義に多くの違いがある。

 

西側教会カトリックの総本山はローマ


今度はカトリックのお話。ローマが総本山になったのはイエス・キリストが処刑されたより随分後の事。イエス・キリストの12弟子のひとりペテロが十字架刑にあった場所が現在のサンピエトロ寺院がある場所で後から総本山に決まった。

MINOLTA DIGITAL CAMERA

*ペテロは英語でピーター、スペイン語でペドロ、イタリア語でピエトロ。

*ペテロの本名はシモン、職業は漁師、12弟子の中のトップ弟子。

*イエスがペテロに向かい「貴方をペテロ(ギリシャ語で岩)と呼びその「岩・ペテロ」の上に私の教会を建てよう➡なのでペテロが殉教した上にコンスタンティヌス帝が聖ペテロ教会を作った。

*あなたに天国の鍵を授けよう・・・」(マタイによる福音書)といったと記述がある➡ペテロの象徴物は鍵

聖ペテロの鍵
wipipedia public domain

 

*後にペテロはローマで十字架に掛けられる。イエスキリストと同じ十字架では申し訳ないので逆さ十字にかけられて殉教。(事実は不明)

カラバッジオ聖ペテロの逆さ十字
By ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ – wikipedhia public domain

*初代ローマ教皇は聖ペテロ。

 

ペテロのお墓

実は2013年にバチカンによりペテロのお墓が公開された。1939年から行われた発掘調査で聖ペテロの墓と思われるものが発見されている。その中に丁寧に紫色の布に包まれた60歳くらいのがっしりした男性の身体があった。1968年に当時のローマ教皇によりペテロの遺骨であると発表された。真偽のほどは今も論点になっている。

ローマ教皇(法王)と枢機卿

カトリック世界のトップの位をローマ教皇またはローマ法王と呼ぶ。ローマ司教にして全世界のカトリック教徒の精神的指導者。バチカン市国の国家元首でもある。

*ローマ法王は聖ペテロの後継者。

*ローマ法王は選挙で選ばれ、この選挙をコンクラーベと呼ぶ。

*選挙権を持つのは世界中の枢機卿達(カーディナル)で枢機卿はローマ教皇の顧問。

カトリックとプロテスタント


ヨーロッパ南はカトリック北はプロテスタント

西側ヨーロッパではカトリック中心のローマ法王を頂点とする世界が築かれていた。そこにまた新しい分裂が始まる。

ヨーロッパは大雑把に分けると南の方がカトリックで北の方がプロテスタントだ。

キリスト教世界のカトリックとプロテスタント地図
旅スペインコム作成

イギリス(英国国教会)はプロテスタントの一派で分かれた理由が離婚。

分かれた理由は免罪符

免罪符の販売をはじめたカトリックに抗議したのがプロテスタント。ルネッサンス期にローマのサンピエトロ寺院の建て替えを始める事になった。当時の一流の芸術家を使って建設を始めるがその資金を得る為に免罪符の販売を始めた。

*サンピエトロ寺院の建設の資金が足りなくなった。

*天国へ行ける免罪符の販売をドイツの農民に行い爆発的に売れた。

*更に足りなくなってきた資金の為再び新免罪符を販売した。

*それに対して抗議=プロテストしたのがプロテスタントの始まり。

もうひとつの理由は離婚

イギリスでは離婚の為にカトリックから分かれていった。

*ヘンリー8世の妻カタリーナデアラゴンはスペインの王女。

*最初は仲が良かったがヘンリー8世に愛人が出来妻の別れる為にカトリックから分離して英国国教会を作った。

宗教改革

免罪符の販売に疑問を持つ人々が多くなりカトリックの腐敗に対して抗議が始まった。マルチンルターがカトリック教会に対して抗議文を教会の前に張り出したのが宗教改革の始まり。

*聖書にローマ教皇の存在は書かれていない。

*免罪符を買って罪が許されることはない。

これが宗教改革の始まりで抗議する人=プロテストという言葉からプロテスタントという言葉になった。

カトリックとプロテスタントの違い

*プロテスタントは聖書と自分の関係。

*プロテスタントはローマ教皇の存在を否定。

*プロテスタントは懺悔を否定。

*プロテスタントは聖母の神格化を否定。

*カトリックでは神父プロテスタントでは牧師と呼ぶ。

*プロテスタント更にたくさんの宗派に分かれ教義も千差万別。

 

キリスト教色々のまとめ


簡単にカトリックやプロテスタントや東方教会についてまとめてみました。ヨーロッパを旅すると見学するのは教会や修道院等。美術館に有る作品もキリスト教関係の物が多い。少しの知識で旅はもっと楽しくなります。

旧約聖書に挑戦⑤バベルの塔の物語、こうして人の言葉はバラバラになったのです

宗教画の決まり事、知れば楽しく鑑賞できる聖人達のアトリビュート=象徴物

ヨーロッパの美術館を回るとキリスト教の宗教画とギリシャ神話が中心。楽しむためには基礎的な知識が必要です。ほんの少しの知識で美術館は何倍も楽しくなるものです。

今日はキリスト教の宗教画の楽しみ方をご紹介。プラド美術館の作品を中心にそれ以外の物も交えてキリスト教の聖人達を見ていきます。

アトリビュート(象徴物)もともとはうまく絵が描けなかった頃これが誰それ聖人かがわかるように少しづつ決まっていったもので曖昧なものもずいぶん多い。ヨーロッパの美術館を楽しむ鍵はキリスト教徒ギリシャ神話。キリスト教の宗教画のアトリビュートや決まりを抑えれば楽しく鑑賞できます。

 

鍵  聖ペテロ

イエス・キリストの一番弟子ペテロはもともと漁師。イエスが彼を弟子にするときに「私についてきなさい。貴方を人間を釣る漁師にしてあげよう。」「そして貴方をペテロ(岩)と呼びその岩の上に我々の教会の基礎を作ろう」「貴方にこの鍵を捧げよう。天国の鍵を」ということで彼の象徴物は鍵。たいてい黄色い服を着て天国の鍵を持っています。ペテロが殉教したところが今のサンピエトロ寺院。私は貴方をペテロ(岩・イタリア語でピエトロ)と呼びその岩の上に我々の教会を…の言葉が成就したということでバチカンのサンピエトロ寺院がカトリックの総本山に。ローマ法王はペテロの後継者。

ジュゼップ・リベラ(ホセ・リベラ)

聖ペテロ  黄色い服に鍵 プラド美術館

リベラの時代はスペインの宮廷でのスペイン画家はあまり重宝されずイタリアのナポリで活躍した。カラバッジョの明暗法を継承しレアリズムの画家として人気。聖人を描いているのに理想像ではなく現実の人間臭い感じがリベラらしいところです。額の皺の深さにモデルはおそらくナポリの漁師。

 

 

エル・グレコ

聖ペテロ 黄色い服に鍵 グレコの家博物館

エル・グレコはギリシャ人画家。トレドに移住してほとんど注文主が教会だった。ベネチアで修業したので彼の色はベネチア派からの四原色。シリーズで12弟子を描いている現存する中のひとつ。聖ペテロ。トレドのエル・グレコの家に行くとシリーズ12弟子全員そろってが見れます。

 

 

ルーベンス

聖ペテロ 鍵  プラド美術館

フランドルの画家ルーベンスは画家だけでなく人文学者で外交官もやっていた。イタリアのマントバ公からスペイン王フェリペ3世へのプレゼントを抱え外交官としてスペインにやって来る。通常は黄色い衣装なんですがグレーっぽいですね。

 

 

逆さ十字 聖ペテロ

同じく聖ペテロはローマで逆さ十字の刑に会うので逆さ十字の絵も。聖ペテロが逆さ十字に会ったところにサン・ペテロ教会(イタリア語でサン・ピエトロ教会)創られた。今のカトリックの総本山です。

カラバッジョ

聖ペテロ バジリカ・デ・サンタ・マリア・デル・ポポロ(ローマ)

エウヘニオ・カヘス

聖ペテロ トレド大聖堂

盃 聖ヨハネ

12弟子のヨハネはキリストに最も近く愛された。たいていいちばん年齢も若く作品になる。エフェソスで毒のお酒の飲まされて殺されかけたが盃が蛇になって逃げていって助かったという話から象徴物は盃。

エル・グレコ

聖ヨハネ プラド美術館  お約束通り若く誠実そうに。盃にドラゴン。

 

 

ルーベンス

聖ヨハネ プラド美術館  ルーベンスらしく肉感的。肌の色の透明感や髪の巻き毛が綺麗。盃を持っています。

 

 

洗礼者ヨハネ 毛皮と生首

同じヨハネですがこちらはもっと年上。イエス・キリストのまたいとこで荒野を禁欲生活をおくりながら人々に水を使って洗礼を行っていた。ラクダの毛皮をまとっていたので象徴物の一つは毛皮。イエス・キリストにも洗礼を行ったので良く絵画にキリストの洗礼の場面がある。「悔い改めよ、天国は近づいた」とお説教していた。最後はヘロデ王とサロメの策略で斬首されるのでサロメが生首を持っている絵画もよくあります。

毛皮

エル・グレコ

洗礼者お羽キリストの洗礼     プラド美術館                          右側が洗礼者ヨハネ腰に毛皮  かなり晩年の物なので縦に引き伸ばされている感じ。

エステバン・ムリーリョ

幼子の洗礼者ヨハネ  プラド美術館

毛皮見えにくいですが背中側のあたり。犠牲を現す子羊。

 

 

レオナルド・ダ・ビンチ

洗礼者ヨハネ ルーブル美術館                                    誘ってる感じですがお約束の毛皮を着て十字架を持っているので洗礼者ヨハネです。

生首

洗礼者ヨハネは「悔い改めよ、天国は近づいた」と言って人々にお説教をしていた。エルサレムの王ヘロデ・アンティパスが兄弟の妻を娶ったのを非難していた。妻ヘロデアの娘がサロメ。王の誕生日会でサロメがうまく踊った褒美に欲しいものは「洗礼者ヨハネの首」と言ってっ首を切られて亡くなったのが洗礼者ヨハネ。その特異性と聖書の中の重要性から絵画のテーマに古くから使われている。オスカーワイルドの戯曲やシュトラウスのオペラなど数々の作品になっている。

ティチアーノ

洗礼者ヨハネの首 プラド美術館

カラバッジオ

洗礼者ヨハネの首 マドリッド王宮

カラバッジオらしくドラマチックで光の扱いも舞台みたいにドキッとさせる。

 

 

聖母マリアの服の色

聖母マリはは基本赤い服にブルーのベール。おそらく12世紀頃から真実、慈悲を現すブルーに血や愛を現す赤が使われる。その他純潔をあらわユリ、12の星の冠や三日月などがアトリビュート(象徴物)として一緒に描かれる。例外はフランドル絵画ではブルーのみ又はブルーの服に赤いベールの場合もある。19世紀にローマ法王ぴお9世により無原罪の御宿りの教義において聖母の衣装は白になる。

 

ベラスケス

聖母戴冠  プラド美術館

エル・グレコと工房

聖母マリア プラド美術館

フラ・アンジェリコ

聖母マリア プラド美術館   アルバ家からプラド美術館が最近入手2200万ユーロ位?。15世紀の板にテンペラ。ブルーの色が鮮やか。

 

 

青という色は人間が本質的に好む色かもしれません。生命は海からやってきたなら命の根源を感じるからなのか様々な絵画に綺麗なブルーが使われそれを見た人間が癒されてきた。ブルーはラピスラズリからとるのでたいへん高価なもので希少価値のあるものであったのも聖母に使うのにふさわしいと昔の人は感じたのかもしれません。

広告

車輪  アレキサンドリアの聖カタリーナ

アレキサンドリアの知事の娘。3世紀頃当時の最高の教育を受けたカタリーナは母親の影響でキリスト教徒に。迫害者ローマ皇帝マクセンティウスのもとに行きキリスト教の迫害を非難する。手足を車輪に括り付けて転がされるという拷問を命じられるがカタリーナが触ると車輪はひとりでに壊れた。その後斬首刑。

カラバッジオ

聖カタリーナ  ティッセン・ボルネミッサ美術館

カラバッジオのドラマチック感が出ていて挑戦的な視線。今振り返ったばかりな感じ。 光の当たり方などドキッとする作品。綺麗な赤い座布団の上には殉教聖人を現す棕櫚の葉っぱ。

 

フェルナンド・ヤネス

聖カタリーナ プラド美術館

足元に壊れた車輪。

 

眼球 聖ルシア(サンタ・ルチア)

びっくりな絵ですがシラクサの聖ルシアはディオクレティアヌスの時代キリスト教を捨てるよう強要される。のどを切っても死なないので目をくりぬかれた。ルシアはラテン語で光という意味luxから。今も光の神様。目の悪い人の守護聖人。冬至の少し前12月13日がサンタ・ルシアの日。一年で最も日照時間が短い時期に光に帰ってきてもらうためサンタルシアを祝った。

作者不詳

聖ルシア(ルチア) プラド美術館  お盆の上に目玉が2個 棕櫚は殉教聖人を現す。ギョッとしますが見ているうちに見慣れます。

スルバラン

聖ルシア(聖ルチア) フランス・シャルトル美術館  お盆に目玉

乳房 聖アガタ

シチリア島カターニアの裕福な貴族の生まれの美しい娘。子供の頃にカトリック教徒として神に身を捧げる決意をしていた。ローマの総督が彼女の美貌と財産に目をつけ求婚するが断られ腹いせに牢屋に入れ乳房を切り落とす。祈り続けると傷が完治するがそのあと火あぶりの刑で殉教。

スルバラン

聖アガタ フランス・モンペリエ・ファーブル美術館  これもギョッとします。もっとむごい感じものあります。スルバランの聖女達はファッション雑誌みたいで綺麗です。

残酷なのが多かったですね。キリスト教の宗教画は色々見ているうちに面白くなってきませんか?美術館はいろんな切り口で楽しめます。プラド美術館に行ったら知っている聖人たちを探してみてください。

 

アスタ・ルエゴ