マドリッド 空港から市内へ ターミナル2の場合

ターミナル2

日本からヨーロッパ乗り継ぎでマドリッドに到着された場合多くはこのターミナルです。
ターミナル2エアーフランンスやルフトハンザ、KLMスイス航空、アリタリア等のヨーロッパのエアーラインが使っています。
国際線国内線という分け方ではなくグループごとにターミナルが違います。ヨーロッパのシェンゲン協定の国は国境が無いので国内線扱いです。最初のヨーロッパ到着地で入国、パスポートコントロールを受けるのでマドリッド到着時は検査はありません。

 

荷物を取ったら

荷物を取って外へ出たら左へ行くとマドリード空港到着
到着ロビー左へ
連休というのもありもうすぐ23:00というのに賑やかです
冬はこの時間もっとひっそり寂しいです
しばらくまっすぐ進みます
右側に出口が見えたらタクシー乗り場とバス乗り場
タクシーとバス乗り場
タクシー乗り場

タクシー

タクシー空港から市内マドリッド環状線道路M30の内側は均一料金 30ユーロ
タクシーは安全です。特に夜や早朝、貴重品やスーツケースを持っての移動は目立ちます
目的地まで確実に連れて行ってくれるので安心です。しかも均一料金。

エクスプレスバス

でももうちょっと節約したい場合
タクシー乗り場の所の横断歩道渡るとバス停
スペイン語でParada de Autob パラーダ デ アウトブス
バス乗り場へ
この横断歩道を渡るとバス乗り場
エクスプレスバスは5ユーロでシベーレス広場経由アトーチャ駅
(時間帯によってはシベーレス止まり)
エクスプレスバス
本数は多く無いですがこの標識の前で待ちましょう
前から乗り、乗る時に払う。
あまり大きな紙幣はお釣りが無いと言われます。
20ユーロ札位まで

路線バス

荷物があまり無いならここから200番のバスでAvenida America
1.5ユーロです
荷物置き場ないので大きなスーツケースは無理、というより乗せてもらえません。
空港近くのホテルの場合シャトルバスがあるケースが多いです。

空港近辺ホテルシャトル

このバス停の更に向こうにシャトルバス用のバス停があります。
観光でいらっしゃるなら値段よりロケーション重視でホテルを探しましょう。
中心部に近いメトロなど交通機関の便利なところのほうがうんと楽しめます。

メトロ

空港のターミナル2のメトロは駅が遠いのでスーツケースなど大きな荷物だとお勧めしませんが
一応ちっちゃい荷物とかリピーターの方用に
先程のタクシー乗り場で外に出ずに真っ直ぐ進む
しばらくはT2 salidas metroという表示
メトロ
突然右後ろに戻る登っていくムービングウォーク
ムービングウォーク
メトロの表示
後はメトロと表示があるのでメトロ
ここまで着いたら下に降りていくとメトロの駅
空港からはサプリが3ユーロかかります
スリに注意です
天才的なスリ集団がいますので注意してください



マドリード空港から市内へ移動。<ターミナル4の場合>

マドリード空港ターミナル4到着

 
マドリードの空港は4つのターミナルに分かれています。国内線国際線ではなく使う航空会社のグループごとでターミナル1から4に分かれています。どの航空会社に乗るかで違うので確認してから出発しましょう。通常日本からだとヨーロッパの殆どの航空会社が乗り入れているターミナル2、中国や韓国の航空会社ならターミナル1。この記事ではイベリア航空を中心としたワンワールドが使っているターミナル4の到着から市内への行き方を説明します。
ターミナル4はイベリア航空の直行便やヘルシンキ乗り換えのフィンランド航空。英国航空、日本航空コードシェア便がイベリアや英国航空のハンドリングの場合。スペイン国内線でバルセロナ等から到着してもここです。エミレーツやカタールで到着の場合になります。荷物を受け取り外に出ると迎えの人たちで賑わう到着ホール。

 

 一番安心なのはタクシー

正面真っ直ぐ出るとタクシー乗り場
タクシーはマドリッド市内M30という環状線の中は均一料金。30ユーロ。4人乗りれます。大きなスーツケース4つは車のトランクに積みきれないのでサイズによっては分かれて乗車になります。ホテルが大体どこにあるのか確認しましょう。マドリードの地図をグーグルマップで見ると大きな環状高速道路があります。それがM30です。
M30外だとタクシーメーター移動ですがそんなに大きな違いはなく場所によっては30ユーロいないで着くこともあります。タクシーは安全です。心配いりませんので深夜や、早朝又不安な場合はお勧めします。たったの30ユーロで安全に宿泊地まで行ってくれるのですから安全はお金に変えられません。
チップは上げなくても大丈夫。荷物が特に重いとか多い場合1ユーロ以内で大丈夫です。
下の写真は到着ロビー
ターミナル4到着ロビーからタクシー乗り場
2017年4月後半、23時頃撮りました。随分人が沢山動いていますし私もよく深夜に空港へ行きます。治安的に特に問題はないですが狙われないように注意。置き引きやスリはどこにでも出没です。

エクスプレスバス<空港各ターミナルと市内を走る24時間対応のバス。>

この出口出て右手の方へ外へ出て横断歩道を渡って右に行くと24時間バス。5ユーロでシベーレス広場経由アトーチャ駅へ。<注意・時間によってはシベーレス広場止まりです。>
前から乗って乗るときに5ユーロ払う。切符は念のため降りるまで失くさないように。時々正しい切符をもっているかの検査に来ます。50ユーロ札だと断られるので20ユーロ札以下の紙幣を用意。大きな荷物置き場もあり快適です。約30分で市内へ。シベーレスに着けば流しのタクシー地下鉄5号線バンコ・デ・エスパーニャ(注意2017年9月2日まで改装工事で5号線閉鎖です)アトーチャ駅まで行けば地下鉄アトーチャレンフェ駅から地下鉄1号線、鉄道で各方面、タクシー等があります。

地下鉄と鉄道

到着ホールから右側に降りるエスカレーター。メトロ(地下鉄)とレンフェスペイン国鉄)のマーク
地下に降りると地下鉄とスペイン国鉄
降りていくとメトロ地下鉄とレンフェRenfe国鉄の駅です。手前がメトロ奥が国鉄。
メトロと国鉄
どっちがいいかは行き先次第。
メトロは頻繁に走っていて朝06時05頃から夜中01:30頃まで5ユーロ(含.空港サプリ3ユーロ)
マドリッドでこの後メトロに沢山乗るなら<ボノ・メトロブス>bonometrobus 10回分12,80と空港サプリ3ユーロで買うと良いです。1017年10月よりチャージ型のプリペイドカード(日本のスイカやイコカ)タイプに変わります。
国鉄レンフェは大体1時間約4本。市内まで2,60ユーロ(行き先によって変わります)がメトロよりスリは少なく段差もあまりないのでお勧めです。ヌエボス・ミニステリオ駅まで行って流しのタクシー捕まえるのもいいかも。チャマルティン駅まで11分、ヌエボス・ミニステリオ駅まで18分アトーチャ駅 まで28分 プリンシペピオ駅まで38分  (始発05:58最終22:57)




メトロの切符の買い方を(タッチパネル)を写真を使って説明しています。<メトロの乗り方「マドリード編」>

 

切符を買ったり地下鉄に乗ったりお金を出すときは周りに気をつけましょう。治安についていろんな本当にあったケースを書いている記事です。<治安について>

 

まとめ

マドリードの空港は市内から14キロと近くいろんな方法でアクセスできるので便利です。空港から長距離バスに乗る場合はAlzaというバス会社も乗り入れているのでサンセバスティアンやビルバオ等に行く場合もターミナル4から直接バルに乗ることが出来ます。

ターミナルが4つ航空会社のグループによって分かれているので調べてから出発しましょう。

楽しい旅を~ブエンビアへ!