スペイン旅行クレジットカードとお金事情。プリペイドカードや現金について注意事項。

 

スペインへ行く旅行の準備を始めて心配なのはクレジットカードやお金の事。これは間違いなく最重要事項のひとつで検討が必要。どのくらいクレジットカードが使えるか、どのクレジットカードが便利か、デビッドカードやプリペイドカードは使えるのか、お金はどのくらい現金で持って行くのか、ユーロに替えた方が良いのか、日本円は使えるのか等のスペイン旅行の最新お金事情をまとめました。

 

クレジットカードは必需品


クレジットカードは個人旅行でスペインだけでなくヨーロッパを廻るなら絶対に最低1枚は必要です。ホテルに泊まる場合はデポジットとしてクレジットカードの提示を求められる。ツアーで旅行なら無くても何とかなる場合が殆どですが個人旅行なら出来れば1枚ではなく2~3枚あった方が安心です。スーパーマーケットでもお土産店でも美術館でも殆ど決済はクレジットカードが可能です。少額の場合5ユーロ以上等と指定している店舗もありますが日本よりもクレジットカードやデビットカードが日常的に使われています。今は海外で使えるプリペイドカードなどもあり使い分ければ万が一に備えられる。時々通信関連で原因不明のトラブルで利用不可な事、または盗難にあう事も想定できるので念のためサブカード補助カードやプリペイドカードや別のクレジットカード、デビットカードがあると安心です。

 

広告

 

どのクレジットカードが便利?

スペイン旅行にまず一枚絶対持って行きたいクレジットカードはVISAとMASTER。使えない所が無いと断言してもいいくらい利用できる店舗が多い。AMEXは店舗側の手数料が高いため小さな店等では断れる事もある。JCBは使える店舗は増えては来ているがまだまだ少ないのでサブカードとしてならいいでしょう。という事でメインカードにVISA /MASTERと別に既に持っているならAMEX/JCB等で合計3枚あると安心です。

ICチップは付いていますか?

スペインおよびヨーロッパ旅行ではクレジットカードは絶対にセキュリティーの高さからICチップ付きの物を持って行きましょう。磁気ストライプ式の物は情報を読み取りやすく複製が作りやすい為危険です。ICチップの入ったものは高度な高速暗号化機能が付いている為情報が盗まれにくい。もし現在使っているカードが磁気しかないものならICチップ付きの物に替えて出発しましょう。

 

暗証番号知っていますか?

クレジットカードの暗証番号をご存知ですか?スペインではクレジットカードを利用するたびに暗証番号を入力する必要があります(約15ユーロ以上)。又暗証番号が判れば現金をATMでクレジットすることも可能です。不明な方はは必ずクレジットカードの暗証番号を確認して出発しましょう。出発してから手に入れることはほぼ不可能です。

カード会社の連絡先を控えましょう

盗難にあった時などのクレジットカードの連絡先を控えましょう。クレジットカード自体に連絡先が入っているのでカードの盗難にあうと連絡先が分からなくなります。クレジットカードの16ケタの番号と共に連絡先と金融機関名などを別の紙に控えておきましょう。盗難にあった時のクレジットカード会社との手続きが迅速です。

 

 貴重品は分けて持ちましょう

スペインではスリや盗難に注意しましょう。大切なものは貴重品入れにまとめて持つと思いますが盗難にあうと全ての貴重品とクレジットカード、現金を取られてしまい身動きが取れなくなります。パスポートも携帯電話もクレジットカードも現金も全部盗られたケースも聞いています。危険は分散して分けて持ちましょう。なるべく腹巻型や首掛け型の洋服の中に入れられる貴重品袋を使い財布の中には1枚のクレジットカードといくらかの現金のみにしましょう。

暗証番号を入れる前に金額を確認しましょう

スペインのレストランなどで誤魔化しやぼったくりは聞いたことが無いですが念のため支払いの前に金額を確認、支払った後の控えの値段を確認しましょう。間違って違う金額の請求が入っている事が有ります。ホテルで飲んでいないミニバーの請求や頼んでいないルームサービスが付いていないか確認してから支払いましょう。間違って請求されていた場合キャンセルが可能です。その場で必ず確認してからそこを立ち去りましょう。

クレジットカードが絶対必要な時というのは


ホテルのデポジット

スペインではホテルチェックイン時にデポジット≪支払い保証金≫としてクレジットカード提示を求められます。旅行会社で予約をしてホテル代の支払いが終わっていてもクレジットカードが必要です。チェックアウト時に何もなければ請求は来ないので安心してください。クレジットカードが無い場合は現金で保証金を求められるケースもあります。プリペイドカードやデビットカードも使えますが一旦引き落とされるので注意。

レンタカーを借りるとき

レンタカーを借りるとき等もデポジット≪支払い保証≫としてクレジットカードの提示を求められます。

ネットでの入場予約

スペインの旅行でバルセロナのサグラダファミリア教会やピカソ美術館、グラナダのアルハンブラ宮殿等入場の予約を取った方が良いモニュメントが数多くあります。サッカーの切符や飛行機をネットで予約をしてクレジットカードで支払いをする場合もあると思います。ネットでの購入は全てクレジットカードでの決済になります。

クレジットカードのメリットは


安心です

スペインに限らずヨーロッパは日本よりは盗難や置き引き等の被害にあいやすい。現金は盗難に会えばもうあきらめるしかないがカードの場合は止めることが出来、盗難後に不正に使われた金額はカード会社が保証する。

レートが良い

お金は両替をすればするほど目減りする。日本円をユーロに替えるときに2~3パーセント位の手数料を銀行に支払う事になる。そして残ったユーロを日本円に替える時に又2~3パーセントの手数料を払うのでお金の価値は合計4~5パーセントは減ってしまう。レートの換算が入るので気が付きにくいがなるべくお金は両替しない方が得なのです。(後でレートが円高に振れて増えることは有りますが)クレジットカードの場合カード会社によって異なるが1.6~2パーセントの手数料なので断然お得です。

ATMで現金を引き出す事も可能

現金が足りなくなった場合もクレジットカードならATMでユーロを引き出す事が可能。自分のクレジットカードがどの種類のATMに対応しているのかを調べておきましょう。

<年会費無料でブッキングコムのポイントがたまるビザカードです>



ATMの注意

*クレジットカードの両替手数料と現地のATMの手数料が別途かかります。

*スペインのATMは道路沿いにあり日本の様に銀行の敷地の中に入らずに出金します。お金を出した時に盗難にあわないように注意が必要です。

*カードが機械の飲み込まれる事があります。カードをしばらく機会に差し込んだままにしておくと安全の為(取るのを忘れた場合の為)に機械が飲み込むシステムになっています。その場合は銀行の人に言えば取り出してくれますがセキュリティー関係の人の同行が必要で時間かかかります。又銀行の営業時間外だと別の日に行くことになります。なるべく銀行の営業時間にATMを使いましょう。

 

海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードの注意

各クレジットカードが付帯している海外旅行傷害保険が有りますがそれぞれ条件等が違うので出発前に内容を確認しましょう。よく読むと死亡後遺障害のみ負担だったり疾病の入院費用が少なかったり、行きの交通費に使った場合のみの保険付帯だったりと各クレジットカード会社により様々です。ヨーロッパで怪我や病気をして手術や入院、又日本から家族を呼ばなくれば行けなかったり等があると高額な負担になります。内容を良く調べて必要なら別途保険に加入して出発しましょう。

デビットカード


使えます

スペインではデビットカードもクレジットカードと同じくらい普及しています。こちらは限度額ではなく銀行に残高があれば使えるのでクレジットカードと別に一枚あると便利です。VISAや JCBのデビットカードのみが使用可能です。さらにスペインのATMでもキャッシュが引き出せるので便利です。

注意

*日本国内のキャッシュカードのJ-Debitカードは海外では使えないので注意してください。

*ホテルのデポジットにデビットカードを使った場合いったん引き落とされてしまうので銀行残高が少ない場合は注意が必要です。その後予定していたところで使えなくなったりしないよう残高を確認しましょう。

*ATMでユーロを引き出す場合は金融機関によっては手数料がかかります。それと別に為替手数料と現地のATMの手数料がかかりますので注意が必要。各金融機関で確認してください。

*殆どのデビットカードが海外で利用する場合にon-lineで海外利用可に設定したり限度額を入れたりなど設定を変更する必要があります。ネットに繋がれば可能なので利用の前に確認しましょう。

*スペインのATMを使う時の注意は上記クレジットカードと同じです。

国際キャッシュカード


使えます

国際キャッシュカードも日本と同じ感覚でスペインのATMからユーロの現金を出すことが出来便利です。通常使っている各銀行の物はそのままでは使えない事が殆どです。出発前に各銀行で確認しましょう。

*日本の金融機関の手数料と現地のATMの手数料と両方かかります。出金するたびにかかるので少額を何度も出金すると無駄に手数料を払う事になりますので注意。

*スペインのATMを使う時の注意は上記クレジットカードと同じです。

プリペイドカード


事前にプリペイドカードにチャージしておきチャージした金額を限度に現地通貨をATMから引き出せるプリペイドカードです。国内でも利用できVISA が付いているのでショッピングでそのまま利用できます。銀行口座を開設しないで簡単に発行されるので簡単です。コンビニでチャージしてそのままカードを使うように簡単に利用できます。各社それぞれ為替手数料やチャージの規定が違うようです。決まった額をチャージして盗難や紛失の場合は連絡をして止めてもらうので現金より安心です。

<あらかじめユーロを入金して現地で出金できるプリペイドカード>




両替のレートが銀行よりもお得なのが良いですね。銀行で並んだり紙に書いたり煩わしい手続きも必要ないのがメリットです。

*ホテルのデポジットに使った場合はいったん引き落とされるので残高に注意が必要です。

*ATMで利用する場合は現地のATMの手数料が別途かかります。

 

現金ユーロはいくらいる?


やはり現金は必要

クレジットカードで殆ど対応できるとしてもやはり現金は必要です。乗換空港でお水を買いたい、到着空港からタクシーに乗るけどカードは受け付けないと言われた等があります。また夜にマドリードの空港についたけどATMが壊れていたとか、到着地で両替するつもりが滅茶苦茶レートが悪い等が想定できます。

日本でユーロに替えて来るのが一番

スペインの銀行で円をユーロに両替するより日本でいくらかユーロに替えてきましょう。時間が無い人は出発の日本の空港でも両替できますので日本からユーロを用意してきましょう。日本円は一番強いのは日本です。日本で両替するのがヨーロッパについてからよりもレートが良いです。

日本円は使えるの?

殆ど使えません。観光地等で時々使えるところがあってもレートが悪いケースが多いので確認してから使いましょう。ツアーで行程中に行くような場合はレートが銀行並みに良い所もあるので確認して使いましょう。街のレストランやバル一般商店では基本使えません。

 

スペインで両替の場合の注意

それでも仕方なくスペインに着いてから両替する場合は街にある両替商CAMBIO/CHANGE等と表示があるところはレートが大変悪いので銀行へ行きましょう。銀行で両替の時はパスポート等身分証明書の提示を求められます。仕方なく少額を両替する場合はホテルで替えた方が手数料を考えるとレートが良い場合もありますし時間も節約になります。

いくら必要

基本クレジットカードを使いホテルなどは先に支払ったとしてそれ以外に現金が必要なのはバルでの少額の食事やチップ、タクシー(クレジットカードが使えるタクシーもある)バスに乗ったりアイスクリームを食べたり等。又はATMの使い方がわからないや時間が無いけどとにかく今現金が必要な事も有ります。

物価の目安と想定額

食事はお昼の定食で10ユーロから18ユーロ。バルでビール一杯1.5ユーロ、バルで軽食を食べて15ユーロ。個人差がかなりあるとしても高級店での夕食はクレジットカードを使うとすれば1日例えば30~50ユーロx 滞在日数と少し予備費でいかがでしょう。

*10日間の旅行で300~500ユーロの現金があれば後はクレジットカードで大丈夫ではと思います。(これは個人差のある事なのであくまでも参考までに。)

*少額紙幣を用意しましょう。銀行で500ユーロを全部100ユーロ紙幣とか200ユーロ紙幣で用意すると使えない時があります。特にスペインの空港に夜到着しバスに載る場合やお水を買うのに100ユーロは取って貰えない事があります。

*現金は盗難にあうと保証が有りません。カバンの中には必要金額をいれ大きな金額は腹巻や体の中に入れるタイプの貴重品袋を使いましょう。

*大切なものを全部一か所で持ちとられてしまうケースがあります。危険は分散してクレジットカード全部とパスポートまとめて盗難にあわないよう分けて持ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.